経験知ロゴ 経験知トップへ

PSVRでDMMの大人向けVR動画を見よう!使用感と操作方法を併せて紹介

DMMアプリがPSVRに対応

プレイステーションVRでDMM.comのVR動画は今まで再生できませんでした。

しかし!2017年4月26日(水)遂にDMM.comのアプリがPSVRに対応しました!

VR対応のコンテンツはまだまだ少ないですが、映画・ドラマ(これはまだ2作品)、バラエティ作品、大人専用の作品(超重要!VR動画)などがあります。

PSVRはまだまだ品薄が続いていますが、DMM.comアプリの対応でさらなる客層が広がり、品薄感は更に続きそうですね…

DMMのVR動画はPSVR以外でも見られる

DMM.comのVR動画は

でも見ることができます。

視聴には3Dメガネが必要になりますが、VOX PLUS BE 3DVRなら格安で購入でき、iPhoneやAndroidなど各社のスマホに対応しているので便利です。

PSVRは5万以上しますが、3千円で大人の世界を体験できるのは破格です。

女性が目の前にいる感覚」の、感動と興奮を味わってください。

使用感・操作性

実際にDMMアプリでVR対応動画を見た使用感として、操作性も併せて紹介します。

動画一覧の細かな配慮

動画一覧では、L2とR2同時押しで大人専用の動画が非表示になります。

細かな配慮がされていますね。

再表示する場合はL2とR2同時押しで表示されます。

再生早送り

大事な早送りや巻き戻しはコントローラーで操作できます。

左右:10秒
L1R1:1分
L2R2:10分

反応はまあまあで、一瞬待たされる感じです。

早送り、巻き戻し時にコントロールボックスが出るのですが、それがちょっと邪魔かな…。

VR再生中の画面はどうなるのか?

テレビやディスプレイに繋いでいる場合、PSVRで見ている動画もテレビやディスプレイに表示されます。

PSVRと連動しているので、PSVRで見ている方向がそのまま表示されるのが面白いです。

テレビやディスプレイにつながなくても(あるいは途中で消しても)PSVRだけでPS4の操作ができるので、DMMの動画を見るときはPSVRだけで操作した方が良いでしょう。

DMM.comアプリの動画感想

動画を見てみた感想です。

巨人感がなくなった

実はDMMは以前、PSVR対応の動画を数本ほど配信していました。

その動画の視聴方法は、DMM.comから動画をダウンロードし、USBフラッシュメモリに保存し、USBフラッシュメモリをPS4に挿して、PS4のメディアプレーヤーで視聴する。というものです。

動画は、VR動画として360度しっかりみることができましたが、登場人物があまりにもでかく、巨人みたいで思わず笑ってしまいましたw

教室の中で授業を受けるのですが、先生と生徒が通常の人の3倍ほどあって、圧倒されてしまいますw

しかし、アプリ版で調整されたようで、ほぼ等倍で表示されるようになりました。

それによって没入感が増し、自分が映像の中の一員になったかのような感じで授業を受けられます。

ちょっとだけ大きいかなとは思いますが、十分許容範囲内です。

人間の存在感がすごい

VRのすごさは、ゲームのキャラクターが本当に近くにいるように感じることです。

サマーレッスン」の女の子の存在感も、手を伸ばせば触れるような感覚は今まで感じたことがなかったものです。(サマーレッスンに魅力を感じた人はこれオススメです。)

DMMアプリで見られる動画は基本的に実写動画なので、本当の人間がそこにいるように感じられます。

顔を近づけられるとめっちゃ「ドキッ…」っとするんですよ。

これは実際に体験してもらわないと絶対にわかりませんので、ぜひ一回体験してもらいたいですね。

おわりに

PSVR対応のソフトは、イマイチ盛り上がりに欠けるものばかりですが、ようやくキラーコンテンツが登場しましたね(ゲームじゃないですがw)

VHSが普及したように、ここから一気にPSVRが普及しそうな気がします!

でもそれにはPSVRの本体が売り切れで生産が追いついていないのが問題ですよね…。

続きの記事 → VR ZONE SHINJUKU カンファレンスで発表されたことのまとめ

▼役に立ったらシェアをお願いします