PSVRを衛生的に使うことができるオススメの使い捨てマスク


ニンジャマスク

PSVRや、Oculus Rift、HTC Viveなどのヘッドマウントディスプレイ(HMD)は、顔に直接つけるので油や皮脂などがHMDに付いてしまうため衛生的ではないですよね。

そこで便利なのが「ニンジャマスク」です。

目の周りに布を当てることで、顔がHMDに直接触れるのを防いでくれます。

以前、お台場のVR ZONEでVRを体験してきたときに使用したのですが、
関連:「VR ZONE体験前の注意事項とバナパスポートカードの購入方法&チャージの仕方 | 経験知
VR ZONE体験レポート!仮想現実は体験しないと凄みは分からない! | 経験知

HMDを使用するには必須だと実感し、購入しました。

手元に届いたのでレビューします。

【こちらの記事も要チェック!】
PS Plusの自動更新をオフにする方法
PS Plus を契約する時に注意すべき自動更新について
[動画]PSVRを体験して面白いリアクションをしている動画まとめ
PSVRのパーツを外してレンズやレンズシールドを掃除する方法
PSVRを買ったら真っ先にやるべきゲームソフト5選
PSVRで遊びまくってVR酔になった件
PSVRで遊ぶにはPS4のHDDは500GB・1TBどちらが良いのか
PSVRで目の間の距離(瞳孔間距離)を設定する方法
PSVRはテレビやディスプレイがなくても遊べるのか?
PSVRで画面やコントローラーが左右に曲がったりズレたりするのを直す方法

スポンサーリンク

ニンジャマスク

2016年10月現在、ニンジャマスクの入手方法は限られていて、VRニュースでおなじみの「Mogura VR」さんが販売しているものを購入しました。

他店では100枚単位でしか売っていないものを、10枚、20枚、50枚と、小分けで購入できます。

僕が購入した50枚はこのように届きました。

多分、100枚単位の商品をバラしてくれているのだと思います。包装が簡易的で焦りましたが、まぁ致し方ないでしょう。

装着は角が欠けている方が上になります。こめかみ部分がカットされているわけですね。

使い捨てなので、布の質感はそれほど良くないですが、顔に当ててもほとんど気になりません。

耳のゴム部分は、通常のマスクのようなゴムで、耳に掛けても痛くありません。ゴムからゴムへの幅が少し広めなので、顔の小さい人は大分ゆるくなるかもしれません。HMDを押し付けるのでそれ程問題ないと思いますが。

ゴムの接着部分。接着部分が顔に当たると痛いので、こちらが外側になるように装着します。

目の開いている部分は、横11.5cm、縦3.5cmです。装着して布が視界を邪魔することはありません。鼻部分が少し浮いて視界に入りますが、HMDをつければ気になりません。

布は思いの外弾力があります。

メガネでも装着できるのか

僕はメガネをかけているので、メガネをしながらマスクを付けられるのか心配でしたが、先にマスクをしてからメガネをすれば大丈夫でした。

メガネをかけたままPSVRを付けた感想は別記事で書いていますのでそちらもご参考に。
関連:「プレイステーションVRはメガネをつけながらでも装着できるのか? | 経験知

使いまわしできるか

それなりに耐久性があるので、使用時間や季節にもよるでしょうが、数十回程度なら使い回しできそうです。

一回使って捨てるのは流石にもったいないですので、ギリギリまで使ってみます。

フルマスクの製品もあります

ニンジャマスクでは、顔の前面の汚れの付着は防げますが、髪の毛部分は直接HMDに触れることになるのでどうしても汚れてしまいます。

顔部分を直で付けるよりかは汚れの度合は少ないでしょうが、それでも気になる場合は目出し帽タイプのマスクがおすすめです。

普通の目出し帽だと耳部分も隠れてしまい、イヤホンやヘッドホンを装着するのが難しくなります。

その点、この商品は耳部分があいているので、イヤホンも問題なく装着できます。

PSVRと地肌、髪の毛が直接触れないので、より清潔にHMDを使用することができるので、全体的な汚れが気になる人におすすめです。

スポンサーリンク

おわりに

自分一人で使うのなら良いかもしれませんが、家族や友達と使いまわすならこのような衛生品は必要になります。

目出し帽タイプのマスクは使いまわすわけにはいかないので、僕は使い捨てのニンジャマスクを選びました。

肌に直接つけるので、長く気持ちよく使うためにHMDにはマスクを使いましょう。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク