経験知ロゴ

MacBook Proに普通のUSBやSDカード、MicroSDカードを挿せるようになる格安USB-Cハブをレビュー

USB Cハブ

スタイリッシュなMacBook Proは、2016年モデルから外部接続をUSB-Cだけになってしまいました。

USB-Cの規格は素晴らしいのですが、他の周辺機器やガジェットメーカーがそれに追いついておらず、USB-AやSDカードのスロットがほしいのが現状です。

そこで便利なのがMacBook Pro用のUSB-Cハブ。

中には1万円を超えるハブもありますが、3,099円(2017年12月現在)で買えるHAVIT Type-cハブを見つけて購入しましたのでレビューします。

商品画像

届いた箱を開けたときの第一印象は「汚っ!」というモノw
箱を開けたところ

スポンジのカットが雑すぎでそのカスが商品の上に飛び散っていたのです…。
くりぬいた部分がざらざらで雑

商品の縁も切り出しが甘く見た目がザラつていていますが、指で触ってもほとんど感触はなく、この部分で指を切るということは無さそう。
USB-Cポート2つに挿す

裏側部分。
裏面

各種ポート部分。左からUSB-Cポート2つMicroSDとSDカードスロット、USB-Aポート2つ。
各種ポート部分

下から見たこところ。この商品の上と下にはポートはありません。
下側側面

上から見たところ。
上側側面

MacBook Proのデザインに違和感なく装着できます。
実際に装着

接続されるとランプが点く。
装着部分をアップで

裏側から。
裏側から

ちょっと分かりにくいですが、USB-Cハブの方が高さがあり、MacBook Proより下に出ています。
ちょっとしたに飛び出る

ですが、MacBook Proの底面は丸みがあるので、底面と比べるとフラットになります。

実際の使用感

全ての接続において問題なく接続できています。

中華製なので耐久性は心配なところですが、3,000円という値段なら賭けで使ってみる価値ありです。

おわりに

USB-Cはデータも映像も充電もできるのに加え、ケーブルの差し込みに裏表がないという素晴らしい規格なので早く普及してほしいです。

この商品のようなハブが必要ない時代よ早く来い!!

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから