佐川急便で通常配送を営業所受取にする方法


佐川急便

インターネットで1秒でも早く手元にほしいモノを購入したとき、配送を待つ時間ってとても長いですよね。

通常の配送だと配達されるのをまたないといけませんが、自分が営業所に荷物を取りに行く「営業所受取」という方法もあります。

この方法なら、自宅へ配送する営業所に荷物が届いた時に受取できるので、とても早く荷物を受け取ることができます。

このページでは、佐川急便で営業所受取にする方法を紹介します。

スポンサーリンク

通常の営業所受取

営業所受取にするには別途料金はかかりません。

営業所受取にするには、お届先住所を最寄りの営業所にする必要があります。

ネットで買物をする時は、配送先を最寄りの佐川急便の営業所にすればいけるはずですが、買い物をするサイトに問い合わせるのが良いでしょう。

送り状の書き方や最寄りの営業所の検索は、佐川急便のページで見ることができます。
関連:「営業所受取サービス|サービス一覧|佐川急便株式会社<SGホールディングスグループ>

通常配送を営業所受取にする

通常配送を営業所受取にすることもできます。僕が実際に行った手順を紹介します。担当営業所によっては対応が違うかもしれないので注意してください。

購入したサイトから送られてくる、配送伝票番号を用意しておき、担当営業所検索で調べた自分の家の担当営業所に電話します。

電話は受付時間があるので、時間外の場合は変更することができません。

営業所の情報には受け取り時間は書いてありますが、電話受付時間は書かれていないので、とりあえず電話してみましょう。

僕の場合は朝6時から荷物の受取ができると書いていたのですが、電話したところ自動音声で朝8時からの受付ということを知らされました。

電話がつながったら、

「通常配送を営業所受取に変更したいのですが」

的なことを伝えれば、配送伝票番号を聞かれるので、先ほどの配送番号を伝えます。

その後名前と住所の確認があり、荷物の状況を調べてくれます。

僕が電話した段階では、営業所に荷物が届いていない(届いていてもシステムに反映されていない)状態だったので、荷物が確認出来次第折り返し電話してくれることになりました。

すると10分後ぐらいに電話がかかってきて、荷物があったとのこと。どうやらまだシステムに反映されていなかったようです。

今から取りに行くことを伝え電話を切りました。

あとは、身分証と印鑑を持って、営業所まで取りに行きます。

営業所についたら受付へ行き、営業所受取の荷物を取りに来たことを伝えると名前を聞かれ、名字を名乗ると荷物を探して持ってきてくれました。

その後、身分証を提示し、受取証にサインをすることで受領完了。印鑑は使わずサインでいけましたが、一応持って行ったほうが良いでしょう。

1〜2分で受取は完了しました。

スポンサーリンク

おわりに

配送を待てないほど早く手に入れたい荷物は営業所受取にすると便利です。

いつくるかわからない待つ時間てとても嫌な時間ですよね。それより自分で取りに行ったほうが前に進んでる感があり、あとどれくらいで手に入れられるか分かるので精神的に楽になります。

僕の家は大体正午過ぎに配達が来るのですが、この方法だと朝8時30分には手に入れることができました。

どうしても早く欲しい荷物がある場合は営業所受取がオススメです。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク