経験知ロゴ

Google Chromeのショートカットキーにブックマークレットを設定する方法

ブックマークレットを設定する方法

Webブラウザ上でJavaScriptを簡単に使うことができ、便利な機能を実行できるブックマークレット。

通常のブックマークリンクのように、ブックマークバーやお気に入りフォルダに配置しますが、クリックするのが面倒だっりしますよね。

そこで、Keyconfigという、Google Chromeにショートカットキーを設定できるようになる拡張機能を使い、ブックマークレットをショートカットキーで呼び出す方法を紹介します。

Keyconfigをインストール

Keyconfigにアクセスし、ChromeにKeyconfigを追加し、有効化します。

Keyconfigにブックマークレットを追加

Chromeの右上にある、縦の「・・・」→「その他のツール」→「拡張機能」をクリック。
拡張機能をクリック

左メニューの「拡張機能」をクリックし、拡張機能一覧を下にスクロールして「Keyconfig」を見つけたら「オプション」をクリック。
keyconfig

「Actions」タブをクリックし、「type key here」をクリック。
type key hereをクリック。

フォーカスが当たった状態(青淵)の状態で、設定したいショートカットをキーボードで打ち込みます。
キーボードショートカットキーを入力

ショートカットキーが入力されます。例えば、command + Bと入力した場合下記のようになります。
ショートカットキーの入力

入力に失敗したら右側にある「Reset」をクリックすれば入力し直すことができます。

問題なければ「Add」をクリックします。

入力欄の下にショートカットキーが新しく追加されるので、追加されたキーの「アクションなし」をクリックして機能を設定します。
アクションなしをクリック

「go to #1」をクリック。
go to #1をクリック。

ショートカットキーの横に「URL」と「NAME」を追加する欄が表示されるので、「URL」にブックマークレットを、「NAME」には自分が後から見てなんのURLかわかりやすい名前を入れます。
ブックマークレットを入力

その後、「save」ボタンをクリックするはずですが、クリックできません。
saveボタンがクリックできない

入力が終わった段階で設定登録が完了しているようで、入力が完了したら新しいタブを開いてショートカットキーをタイプしてみるとブックマークレットが実行されます。

「save」はクリックしないでも良いようです。

おわりに

以上でブックマークレットをショートカットキーで実行できるようになりました。

よく使うブックマークレットは、このような方法でショートカットキーに割り当てるととても便利なので是非使ってみてください。

▼役に立ったらシェアをお願いします