経験知ロゴ

深セン蛇口港からターボジェットでマカオまで行く手順と出入国手続き

蛇口港からマカオへ

深センからマカオへ行くには蛇口港からフェリーを使って行くのが便利です。

実際に蛇口港からマカオへ行ったのですが、かなり迷いましたので蛇口での出国手続きとマカオでの入国手続について紹介します。

蛇口港へ

蛇口港へは地下鉄を使って行きました。最寄り駅は蛇口港駅ですが、駅から蛇口港へは歩くと20〜30分ぐらいかかります。

GoogleMapで調べると駅から歩いてすぐのようですが、2017年に港が移動したのがまだ反映されていない(2018年3月現在)ので場所に注意してください。
蛇口港の場所

駅からは無料のシャトルバスで移動するか、K105、328系統の有料バスで移動するのがよいです。

K105、328は市内からも走っているので、地下鉄を使うより深セン市内からこれらのバスに乗れるようなら地下鉄を使うより良いかもしれません。

僕は事前にちゃんと調べていかなかったので、駅から歩いて港へ行けると思い駅から港へ向かって歩いたのですが、歩いている途中にバイクタクシーのおじいちゃんにつかまり、しつこく乗って行けと言われ続けました。

おじいちゃんの話では港は遠いと言う。(英語が通じず中国語でひたすら話されたが、おそらくそんな感じのことを言っているんだろうと想像できた。)

でも、歩いてすぐだと思っていたので、港の方向を調べてみるが、地図の方向には港らしきものは見当たらず、辺りは工事中の更地が続き港への道がわからない。

しょうがないので港までいくらか聞いてみると20元とのこと。

400円しないぐらいだが、中国の相場としては高そうなので、10元まで値下げ交渉して乗せてもらう。

電動バイクの足者とにスーツケースを乗せ、バイク後部に乗って出発しました。

電動バイクはとても静かでエンジンの振動がなく思いの外快適。

推進力も良く、走り抜ける風も快適で道中を満喫できました。

まぁ、一方通行の道を逆走し続けたのはかなり焦りましたがw

すれ違うバスにメッチャクラクション鳴らされてたしw

それでもなんとか港に到着。3分ぐらい走ったので、スーツケースを引いて歩いたら時間がかかったし大変だったはずなのでタクシーを使って良かったです。(バスの方が遥かに安かったでしょうが)

港が遠いことを教えてくれたし、道中を楽しませてもらったので、中国を出るので両替できない1元札7枚全てあげました。

めっちゃ笑顔になったおじいちゃんの顔は素晴らしかったですw

蛇口港

新しくなった蛇口港はとても広く、入り口もたくさんあり案内板もないのでどこから入れば良いのか分かりませんでした。
蛇口港

取り敢えず人が入っていく6番口から入ると、検査棒(?)を持った警備員にボディチェックされ問題がなければ中に入る。

中に入っても案内板がなく、ターボジェットの受付が分かりませんでした。

入り口すぐのインフォメーションで聞くと、緑の窓口がターボジェットの窓口とのこと。
ターボジェットの窓口

ここでチケットを買うのですが、僕は事前にWebで購入していたので、列の周りにいる係員にWeb予約で発行されたQRコードを見せると、別の窓口に案内してくれて乗車券を発券してくれました。

その際にパスポートも見せました。

出港時間までに二階の出国審査を終えてフェリー乗り場まで来てくれとのこと。

蛇口港にはセブンイレブンや吉野家など飲食店がちゃんとあるので、出国までに食事をとったりできます。
蛇口のセブンイレブン

ですが、出国に時間がかかるので、出港の30分以上前には出国審査場へ入るようにしておいたほうが良いです。

出国審査

二階へ上がり「HK/MAC Ferry Departures」の看板に従って進みます。
案内板

案内板へ従って進むと荷物検査場があるので、自分でベルトコンベアに荷物を乗せ、通過後に自分で取り先ヘ進む。

暫く歩くと有人の出国審査場があるので、パスポートと中国の出国カードを提出。

特に何も聞かれること無く、パスポートにスタンプを押してもらい通過

抜けるとすぐ自動ゲートがあるので、パスポートの写真部分をスキャンして通過。

暫く歩いてフェリー乗り場へ。香港行きとマカオ行きで道が別れているので、マカオ行きの看板に従って進む。

フェリーの待合室に付くので乗船が開始されるまで待つ。

フェリー内にはトイレは2つありますが、混んだり使いにくいので待合所にあるトイレに行っておいたほうが良いです。

フェリーで出国

時間がくると乗船が始まります。

出発が遅れることもあります。僕の場合は20分ぐらい遅れました。

乗船時には発券されたチケットを係員に渡し、QRコードを読み取り半券を切り取られて返却されるので受け取ってフェリーへ。

フェリーへ乗る際、スーツケースなどの大きい荷物は乗船口にいる係員に渡して甲板や乗船室の後ろにまとめて置かれます。

かなりテキトーな置き方なので、航行中心配になります。

案の定、下船後にスーツケースを確認するとそれなりの衝撃を受けたであろうキズが1箇所見つかりました。

割れ物等は入れておかないほうが良いでしょう。

座席は指定席なので、チケットに表示されている座席に座ります。
座席番号

座席番号はただの数字なので、列とかわからず見つけにくいです。

準備が整えば出港。

僕が乗ったときは波が穏やかだったのでほとんど揺れませんでした。

1時間かからずにマカオへ到着。

マカオでの入国審査

マカオに到着したら人の流れに乗って入国審査場へ行きます。
入国審査場へ

入国審査ではパスポートを渡し、顔を確認するだけで通過できました。

入国カードを書く必要もないし、顔写真や指紋を取られるという事はありませんでした。

おわりに

蛇口港からマカオへ行く方法について紹介しました。

蛇口港の情報は少ないので、ちょっと迷いましたが、なんとか出国できて良かったです。

はじめて行く場合は1時間から2時間ぐらい前に着くぐらいの感覚で行った方が良いと思います。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから