静岡駅近くのラーメン屋「心粋」が初心者にはハードルが高かった


心粋つけ麺

静岡駅の近くにあるお店「心粋」(しんすい)へ行ってきました。

店前には「ラーメン」のノボリがあったので入ってみたのですが、ラーメン屋とは思えない雰囲気にしばらく焦っていましたが、ちゃんとラーメン屋の味で安心しましたw

そんな心粋でつけ麺を食べてきましたので紹介します。

スポンサーリンク

外観

心粋外観

一見料亭のようでキレイな外観で、本当にラーメン屋かと思うが、ラーメンのノボリがあるのでそのまま入ってみる。

入ってみると料亭のような作りでビビる。砂利が散りばめられた石畳の土間で靴を脱ぎ靴箱に入れて中へ。

靴脱いでラーメン屋に入ったのは初めてだ。

店内はカウンター席のみで、席にはお盆が敷かれ、明らかにラーメン屋の雰囲気ではない。
カウンターにお盆

恐る恐る入って適当な席につくと優しい感じの店主が「ラーメンですか?」と聞いてきたので「はい」と答えると、麺のメニューページを開いてメニューを渡してくれた。
店内のカウンター席

他のメニューも見てみると、基本的には居酒屋で麺もやっているという感じ。
他のメニュー

メニュー2

そして麺のメニュー。
麺のメニュー

麺の量は茹でる前で160gとのことなので、大盛りで塩つけ麺を注文。

実食

実食

スープは透明度が比較的高く、ゴマ、ネギが入っている。
塩つけ麺スープ

麺はウェーブがかっていて、トッピングには、チャーシュー、メンマ、ノリとシンプル。
麺

スープはサラサラなので、麺への絡みはイマイチ。
スープの絡み具合

食べてみると、しっかり塩の味が一本通り、そのままスープを飲んでも問題なくイケる。

少し中華スープに似た味。

スープの絡みがイマイチなので、麺を浸けて食べるだけでは少し物足りない。

なので、スープも少しすすりながら食べると丁度良い。

チャーシューは昔ながらのチャーシューの味で、スープの邪魔をすることなく、チャーシュー自体の味もしっかり楽しめた。

塩のスープとメンマが良く合いとても満足。

会計

食べ終わった後の会計はレジで払います。クレジットカードの機械があったのでカード払いできるか聞いてみましたが、5000円以上の支払いでないとダメなようです。

ラーメン屋でクレジットカードが使えて珍しいなと思ったのですが、ダメで残念。

スポンサーリンク

おわりに

今まで入ったことのない店内の雰囲気で最初は驚き、つけ麺だけの注文でいいのかなと不安になりましたが問題ありませんでした。

居酒屋メニューも良さそうだったので、次は飲みに行くのもありかな〜と思ってます。

関連ランキング:ラーメン | 静岡駅新静岡駅日吉町駅


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク