経験知ロゴ

日々の経験を知識として発信するブログ

Google ChromeでGoogle日本語入力の変換候補が左上に出る問題の解決策

Google Chrome

僕はGoogle日本語入力を使っているのですが、Google Chromeで文字入力すると変換候補が画面の左上に出てくれなくてとても気持ち悪い思いをしていました。

変換候補は普通文字入力しているところの下に出ますからね。

不要な目線の移動が必要で作業効率が落ちてしまいます。

Google日本語入力の問題かと思っていましたが、どうやらGoogle Chromeが問題のようでした。

解決できましたのでその方法を紹介します。

最新版のChromeに

単純なことですが、Chromeを最新版にすることでこの問題は解決しました。

Chromeを最新版にする

Chromeを最新版にするには、

右上の縦の3点マークをクリック。
設定をクリック

左メニューの「概要」をクリックし、更新情報をクリック。
chromeを最新版にする

以上で最新版にすることができます。

いちいち手動更新が面倒な場合は、更新後に「すべてのユーザーの自動更新を設定」をクリックすると自動更新設定ができます。

おわりに

Chromeは自動更新してくれているかと思ったら全く更新されていませんでしたorz

バージョンが50から56になったので、かなりの間更新していなかったようです。

Mac OS sierraを使っているので、Chromeが新しいOSに対応できていなかったんでしょうね。

これで変換候補が通常通り表示されるようになったので、気持ちよく文字入力ができるようになりました。

▼この記事をシェアできるリンク


▼このブログをフォロー・RSS購読できるリンク