経験知ロゴ

WindowsにDockerをインストールする手順

docker

WindowsでDockerをインストールする手順を紹介します。

Windows Subsystem for Linuxのインストール

DockerはLinuxで動くので、Windows上でLinuxを動かせるようにするWindows Subsystem for Linux(以下WSL)をインストールする必要があります。

簡略化されたインストールと、手動インストールの2通りの手順がありますが、簡略化されたインストールは、Windows Insiderに登録する必要があるのと、Windows OSのプレビュー ビルド(OS ビルド 20262 以降) をインストールする必要があるので、その環境でも問題ない人だけにオススメで、通常は手動インストールが良いと思います。

2021年5月現在、手動インストールをオススメしますが、OSのアップデートで簡略されたインストールが実装される可能性があるので、手順を進める前に下記ページを確認した方が良いです。

簡略化されたインストール

Windows 10 のプレビュー ビルド(OS ビルド 20262 以降) をインストールした状態で、管理者権限でコマンドウィンドウを開き、

wsl.exe --install

を実行すると、再起動してWSLを使う準備ができます。

手動インストール

まず、「Linux 用 Windows サブシステム」オプション機能を有効にする。

Windwsキーを押し、「powershell」と入力し、「管理者として実行する」をクリック。
管理者として実行

dism.exe /online /enable-feature /featurename:Microsoft-Windows-Subsystem-Linux /all /norestart

powrshell

WSL2にする場合はOSの要件を確認。

  • x64 システムの場合:バージョン 1903 以降、ビルド 18362 以上。
  • ARM64 システムの場合:バージョン 2004 以降、ビルド 19041 以上。
  • 18362 より前のビルドは WSL 2 をサポートしていないので、Windowsをアップデート。

要件を満たしていたら、仮想マシンの機能を有効にするために管理者権限で起動したPowerShellで下記コマンド実行。

dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

インストール

下記リンクからLinuxカーネル更新プログラムパッケージをダウンロード。

「wsl_update_x64.msi」というファイルがダウンロードされるので、ダブルクリックして実行。

「Next」をクリック
Nextをクリック

確認画面が表示されたら「はい」をクリック。

「Finish」をクリック。
Finish

WSL 2 を既定のバージョンとして設定するために、管理者権限で起動したPowerShellで下記コマンドを実行。

wsl --set-default-version 2

Microsoft Store」を開き、Linuxディストリビューションをインストール。

Linuxディストリビューションは詳しくないのですが、Alpine WSが軽量で人気があるらしいので使ってみた。
入手をクリック

ダウンロードが完了したら起動する。

コンソールウィンドウが開き、解凍が終わるとLinuxディストリビューションユーザーアカウントとパスワードを入力する画面になるのでアカウントを作成。
アカウント作成

これでWSL2の設定完了。

Dockerのインストール

Docker Desktop for Windows」にアクセスし、「Get Doker」をクリック。
get Doker

ダウンロードした「Docker Desktop Installer.exe」をダブクリックして実行。

許可を求められたら「はい」をクリックして実行。

インストール画面が表示されるので「OK」をクリック。
OKをクリック

インストールが始まるので、数分待つ。

完了したら「Close」をクリック。
完了

これでインストール完了。

デスクトップにDockerが追加されているのでダブルクリックで起動できます。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから