経験知ロゴ

Windowsのnodeバージョンマネージャーのnvm-windowsをインストールする方法

nvm-windows

Windowsでnode.jsを複数バージョン管理しようとすると、今まではnodistが検索上位に出てきていたためnodistを使っていましたが、2019年からアップデートされていないので使用をやめました。

MicrosoftのWebサイトでnvm-windowsが紹介されていたのでnvm-windowsを使ってみることに。

他に紹介されているバージョン管理ソフトは、下記2つがあるとのこと。

とりあえずnvm-windowsで良さそう。

nvm-windowsをインストールしましたのでその手順を紹介します。

nvm-windowsをインストール

Releases · coreybutler/nvm-windows」にアクセスし、最新バージョンをインストール。しばらく下にスクロールしていき、「nvm-setup.zip」をクリックしてダウンロード。
nvm-setup.zip

ダウンロードした「nvm-setup.zip」を解凍し、中にはいっている「nvm-setup.exe」をダブルクリック。

インストーラーが起動するので「I accept the agreement」にチェックを入れ「Next」をクリック。
インストーラーが起動する

後は指示通りに進んでいきインストールを完了させる。

node.jsをインストール

コマンドラインツールを「管理者権限」で開く。

管理者権限で開かないと、後で「nvm use」を使う時に

exit status 1: Access is denied.

というエラーが出てしまうので。

ここではPowerShellを使って操作します。

Windows画面左下の検索欄に「PowerShell」と入力し、「管理者として実行する」をクリック。
管理者として実行する

まずはnvm-windowsがちゃんとインストールされているかの確認。

nvm ls

「No installations recognized.」という表記がでたらちゃんとインストールされている。

下記コマンドでインストールできるnodeのバージョンを調べる。

nvm list available

インストールしたいnodeのバージョンを追加して下記コマンドを実行

nvm install バージョン番号

12.14.0をインストールしたい場合は下記のようになる。

nvm install 12.14.0

使いたいバージョンの切替は「use」コマンドを使うが、管理者として起動しないとこのコマンドが通らないので注意。

nvm use バージョン番号

プロジェクトでのnpmコマンドの実行

npmコマンドは、nodistと違い自動でインストール&nodeによるnpmバージョンの切替を行ってくれるが、管理者として実行したコマンドラインツールでないと実行できない。

僕はcmderを使っているが、通常起動ではnpmが使えず、管理者として実行すると使えた。

が、一度管理者として実行した後、管理者としてではなく通常起動したcmderでもnpmが実行できた。

一度管理者として実行したことでpathが通ったのかな。

nodeのバージョンの切替

nodeのバージョンを切り替えるには、

切り替えたいnodeバージョンがインストールされていなければインストール。

nvm install バージョン番号

既にインストールされているor インストールが完了したら「nvm use」でバージョンを切替えればOK。

nvm use バージョン番号

おわりに

nodistの時と比べ、node環境で動くElectronのプロジェクトを立ち上げるのが速くなった気がします。

「nvm use」で切替が完結しnpmのバージョン合わせに気を使わなくなってかなり楽になりました。

しばらくこの環境で開発していきたいと思います。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから