スズキ ソリオのフロントパネルに電池マークが表示された時の対処法


電池交換マーク

ソリオのエンジンをかけるとフロントパネルに電池マークが表示されるようになりました。

バッテリーに問題があるのかと思ったのですが、しばらくすると消える。

どうやらエンジンをかけた時だけしばらく表示されるようで、調べてみるとスマートキーの電池残量が少ないのが原因と判明。

出先で電池がなくなりエンジンをかけられなくなったら一大事なので早速交換しました。

スズキ ソリオのスマートキーの電池交換方法を紹介します。

スポンサーリンク

ソリオ スマートキーの電池交換方法

用意するものはマイナスのドライバー。

作業はスズキのマークがある方を上にして行う(ボタン側は下)。こうすることでスマートキーを開けた時に基盤やボタンが落下するのを防げる。
電池交換の際の向き

カギの抜き方

スマートキーを開けるにはカギを抜く必要がある。ロックを外側にずらしながらカギ部分を引っ張ることで抜ける。

スマートキーの開け方

カギを抜いた差込口にマイナスのドライバーが引っかかる部分があるので差し込んで開ける。下記動画では分かりやすいようにそのままのマイナスドライバーで開けているが、差込口を傷めないために布やティッシュを使う。

勢い良く開けると中身がこぼれるのでゆっくり慎重に。

ボタン電池の外し方

ボタン電池は爪で止められているため外しにくい。一部スキマが開いているので、通電しないモノを使って外す。下記動画では分かりやすくするため細いマイナスドライバーを使っているが、ショートする危険があるので絶対に使わないように。

ボタン電池の付け方

ソリオのスマートキーのボタン電池は「Panasonic コイン形リチウム電池 CR-2032」。

年式によって違う場合があるのでボタン電池の+側に刻印されている番号を確認してから購入する。

ボタンの付け方は、一度爪の奥に差し込んでから押し込むと簡単に入る。

フタを閉める

あとは再び閉めて完了。

閉めるときは下側のボタンがズレないように注意しながら閉める。

僕は一度ボタンがズレたまま閉めてしまい、ボタンが押せない状態になってしまった。

動作確認

交換したらしっかり動作確認をする。

・スマートキーのボタンを押してソリオが反応するか。
・エンジンはかかるか。
・施錠がしっかりできるか。

などを確認する。

スポンサーリンク

おわりに

スマートキーはカギの開け閉めやエンジン始動時に取り出す必要がなくとても便利ですよね。

しかし、電池で動いているので電池交換が面倒臭いです。

しかも交換方法は分かりにくくちょっとしたコツが必要です。

長く使う上で電池交換は必須なので簡単に交換できる構造にしてほしいですよね。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク