経験知ロゴ

Macの「cmd + Tab」をウィンドウズのようにウィンドウ単位で切り替える方法

HyperSwitch

いろんなアプリを立ち上げて作業をしていると、アプリを行ったり来たりするのが面倒ですよね。

そこで便利なショートカットがcommand + Tabです。

しかし、Macのcommand + TabはWindowsのCtrl + Tabと違いアプリケーション単位の切替なんですよね…。

Chromeとか複数ウィンドウ開いていると、command + Tabで選択した時、全てのウィンドウが前面に表示され、しかも意図したウィンドウにフォーカスが当たっていないという場合があります。

これではショートカットキーで切り替える意味がありません。

そこで便利なのが「HyperSwitch」です。Windowsと同じように、ウィンドウ単位での切り替えができるので、意図したウィンドウだけを前面に持ってきてくれます。

この記事では「HyperSwitch」の使い方を紹介します。

インストール

HyperSwitch」にアクセスし、「Download Beta」をクリック。
Download Betaをクリック。

ダウンロードされた「HyperSwitch.dmg」をダブルクリックし、「HyperSwitch.app」を「Applications」フォルダにドラッグ&ドロップ。
ファイルをドラッグ&ドロップ

「Applications」フォルダを開いて「HyperSwitch.app」をダブルクリックして実行します。

設定

設定画面が表示されるので設定します。

「Run HyperSwitch in the backgroud」にチェックを入れると、Mac起動時に自動で「HyperSwitch」が起動します。

「Sctivate the window switcher for」の項目の「all windwos」でウィンドウ単位で切り替えるキーを設定します。デフォルトはoption + Tabになっているので、僕はcommand + Tabに変更しています。
HyperSwitch Preferences

「HyperSwitch」の設定は「HyperSwitch.app」を開かないと出てきません。

ですが、メニューバーに表示させることもできます。

「Appearance」タブをクリックし、「the menu bar」にチェックを入れればOKです。ドックに表示させたいときは「the Dock」にチェックを入れます。
メニューバーに表示させる

おわりに

これでcommand + Tabでウィンドウごとに切り替えることが出るようになりました。

ちょっとしたことですが、この切替ができるだけで作業効率はかなり上がります。

Macにしてからショートカットキーでの切替をしていませんでしたが、「HyperSwitch」を見つけてたことで復帰しました。

てか、Macの設定で変えられるようにしてほしい…。

▼役に立ったらシェアをお願いします