経験知ロゴ

Twitterのショートカットキー一覧と注意点

twitterキーボードショートカット

Webブラウザ版のTwitterに便利なショートカットキーがあることに気づきました。

かなり細かく操作でき、Twitterのページを開けばマウスを使わずにショートカットキーだけですべての操作をできるのではという感じの充実ぶりです。

実際に使ってみましたので、注意点と併せて紹介します。

ショートカット一覧

まずはショートカットキー一覧から

ナビゲーション

選択しているツイートの移動や、ページ移動、表示などができるショートカットキーです。

ショートカットのヘルプ ?
次のツイート j
前のツイート k
ページ下へ移動 Space
最新ツイートを読み込む .
ホーム g + h
話題を検索 g + e
通知 g + n
@ツイート g + r
プロフィール g + p
いいね g + l
リスト g + i
ダイレクトメッセージ g + m
Moment Maker g + c
設定 g + s
ブックマーク g + b
プロフィールページを見る… g + u
表示設定 g + d

アクション

ツイートに対するアクションなどができます。

「いいね」や「返信」など、ツイートに対して行うアクションは、jキーを使ってツイートを選択している状態で実行する必要があります。

新しいツイート n
ツイートを送信 CTRL + Enter
ダイレクトメッセージを作成 m
検索 /
いいね l
返信 r
リツイート t
ツイートを共有 s
ブックマーク b
アカウントをミュート u
アカウントをブロック x
ツイートの詳細を開く Enter
画像を開く o
メッセージドックを開く/閉じる i

メディア

選択した動画を一時停止/再生 k
選択した動画を一時停止/再生 space
選択した動画をミュート m
音声ドックに移動 a + d
音声ドックを再生/一時停止 a + space
音声ドックをミュート/ミュート解除 a + m

ショートカットキーの使い方の注意点

実際に使ってみて、個人的に分かりづらかったところがあったので注意点と居て紹介します。

文字キーの組み合わせは素早く入力

ショートカットキーで複数のキーを組み合わせる場合、ctrolAltOptionCommandなどと文字キーを組み合わせて使う場合が多いのですが、Twitterではg + hなど、文字キーと文字キー組み合わせで実装されているものがあります。

ctrolキーなどの装飾キーを使う場合、ctrolキーを押しながら文字キーを押すのですが、g + hなど、文字キーと文字キー組み合わせで使う場合は、gキーを押して離してからすぐにhキーを押す。という使い方になります。

gキーを押しながらhキーを押すと反応しません。

アクションを行った場合、戻る時はg + h

jキーを押してツイートを選択し、Enteroでツイートの詳細や画像を開いた時、Escキーで閉じることもできるのですが、Escキーを使うと選択していたツイートが一番上に戻ってしまうため厄介です。

g + hでホームに戻ると、開いたツイートを選択した状態に戻れるので、漁っていたツイートを続けて見ていくことができます。

おわりに

僕は基本的にPCの操作をキーボードだけでやりたい派なので、充実したショートカットキーは有り難いです。

でも、そこまでTwitterをやり込んでいるわけではないのであまり使いませんがw

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから