経験知ロゴ

仮想通貨取引所における2種類の取引方法と注意点

仮想通貨取引所の取引の違い

仮想通貨を取引するには、coincheckZaifbitFlyerなど仮想通貨取引所に口座を開く必要があります。

それらの取引所に口座を開き入金をすればすぐに取引をできるのですが、実は仮想通貨を購入する方法は大きく分けて2つの方法があり、この二つの違いを知らずに取引すると取引所に無駄な手数料を払うことになり損をしてしまうので注意が必要です。

この記事では、仮想通貨取引所で仮想通貨を売買する2つの方法について紹介します。

仮想通貨を買う2つの方法

coincheckZaifbitFlyerなど仮想通貨取引所では、

  • 仮想通貨取引所と直接売買する方法
  • 取引所でユーザー同士が直接売買する方法

という2つの売買方法があります。

一般的に、

  • 仮想通貨取引所と直接売買する方法は「販売所」
  • 取引所でユーザー同士が直接売買する方法は「取引所」

と呼ばれていますが、仮想通貨取引所によって呼び方が違います。

販売所取引所
coincheckコインを買う取引所
Zaif簡単売買取引
bitFlyer販売所取引所

名前は違っても取引できる内容は一緒です。

販売所

coincheckで仮想通貨の売買をするとしたら、coincheckから仮想通貨を買ったり売ったりする取引です。

仮想通貨取引所が販売している仮想通貨を売買するイメージですね。

仮想通貨取引所と直接取引するメリット

  • 注文が即座に確定する

仮想通貨が一気に値上がりしたり価格が暴落したとき、ユーザー同士の売買だと買い手、売り手がなくて売買できないケースがあります。

仮想通貨取引所とのやりとりなら注文を出せば即時確定するので、今すぐ買いたい、売りたいという時に便利です。

但し、Zaifのように1回の取引で50万円まで、1日合計5,000万円までしか販売所で取引できないという制限がある販売所があるので、いざという時のために使っている仮想通貨取引所の販売所の1回の上限金額を調べておきましょう。

デメリット

  • 取引手数料が高い

例えば、Zaifの場合、ユーザー同士が直接売買する「取引」で1,945,300円前後で購入できる時、
取引量

Zaifと直接売買する「簡単取引」では1,982,957円となり、37,657円もの差があります。
BITCOINの取引価格

Zaifの場合、ユーザー同士で直接売買する価格より2%ほど高くなっていますね。

この上乗せ分が取引所の手数料となっています。

しかも、この手数料は売買しようとしている仮想通貨が暴騰・暴落しているときは更に広がります。

とは言っても、暴落しているときなど一刻も早く売りたい場合は取引所よりかなり価格差があっても売らざるを得ない場合があるので、いざという時のために知っておきましょう。

販売所は基本使わない人がほとんど

このように、仮想通貨取引所と直接売買する「販売所」による取引は、注文が即時確定するというメリットがありますが、取引所で購入するより割高になってしまうのであまりオススメしません。

暴騰・暴落時に手数料が高くなってもかまわないから注文を確定したい時に使うのが良いでしょう。

取引所

仮想通貨取引所のWebサイト内で、ユーザー同士が直接売買できるのが取引所です。

売りたい人、買いたい人の注文がそれぞれ注文を出し、条件に合ったら注文が確定して売買が成立します。

取引所で注文が並んでいる場所を「板」と呼ぶので、取引所で取引をすることを「板取引」と呼んだりします。
板取引

板には注文が並んでいます。仮想通貨取引所によって表示形式は多少違いますが、表示されていることはどこも同じです。

Zaifの場合は青色が売りたい人の注文で、赤色が買いたい人の注文です。
売り買い気配

この価格を見ながら注文を出し、売りたい人、買いたい人の条件が揃ったら自動で取引が確定します。

取引所のメリット

  • 手数料が安い

取引所のメリットは販売所で購入するより安く買うことができ、高く売ることができます。

デメリット

  • 注文が確定が遅い・しない場合がある

例えば1BTCを200万円で買いたいという注文を出しても、その条件に合う売り注文が出ていないと取引は成立しません。

条件に合う売り注文が出るまで時間がかかることもあります。(もちろん、自分が買いたい価格になるまで下がってくるのを待ちたいので、注文の確定に時間がかかって良いという使い方もできます。)

価格が暴騰・暴落しているときは自分が出した注文よりも高い(あるいは低い)価格での注文が相次ぐので、注文が確定させたいのに確定しないということが起こりえます。

基本の取引は取引所で取引を

取引所での取引は一番安く購入したり高く売ることができます。

基本的に取引所で取引をし、暴騰・暴落時にどうしても注文を確定させたい場合は販売所を使うのが良いです。

おわりに

仮想通貨取引所における「販売所」と「取引所」の違いについて紹介しました。

この違いを知らないと画面が見やすい「販売所」で取引をしてしまい損をしてしまう可能性があるので、両者のメリットデメリットを知り使い分けをしましょう。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから