基本的な金融商品の種類


金融商品の種類

銀行や保険会社、証券会社などの金融機関が販売する商品が金融商品です。

金融商品は各金融機関によって様々な種類があります。

ここでは、銀行、ゆうちょ銀行の主な金融商品について紹介します。

スポンサーリンク

銀行の金融商品

まず、銀行の金融商品についての紹介です。

流動性預金

流動性預金とは、満期がなく、いつでも出し入れ可能な金融商品です。

普通預金

預入金額:1円以上1円単位
預入期間:制限なし
金利:変動金利
利払:半年ごとに元金組入
途中換金:出し入れ自由

貯蓄預金

預入金額:1円以上1円単位
預入期間:制限なし
金利:変動金利
利払:半年ごとに元金組入
途中換金:出し入れ自由
ポイント:預金残高が基準残高を上回っていれば、普通預金を上回る金利が適用されるが、預金残高が基準残高を下回った場合には、普通預金と同じかそれを下回る金利が適用される。
給与等の自動受取口座や公共料金等の自動引き落とし口座として利用することはできない。

定期性預金

定期性預金は、一定期間、一定期日に一定金額預け入れ、満期日に給付金を受け取る預金です。

スーパー定期

預入金額:1円以上1円単位
預入期間:1ヶ月以上10年以内が一般的
金利:固定金利
   預入期間が3年未満は単利型のみ
   預入期間が3年以上は単利と半年複利型の選択可
利払:預入期間が2年以上の単利型は中間利払あり。半年複利型は満期一括払い。
途中換金:いつでも解約可能。ただし、中途解約利率が適用される。

大口定期預金

預入金額:1,000万円以上1円単位
預入期間:1ヶ月以上10年以内が一般的
金利:固定金利で単利型のみ
利払:預入期間が2年以上のものは中間利払あり
途中換金:いつでも解約可能。ただし、中途解約利率が適用される。

期日指定定期預金

預け入れてから1年たてば、自由に満期を指定できる定期預金。
預入金額:1円以上1円単位
預入期間:1年以上3年以内が一般的
金利:固定金利で1年複利
利払:満期一括払い
途中換金:預け入れてから1年据え置けば、1ヶ月移譲前に期日を指定することにより、ペナルティ無しで解約可能。

変動金利定期預金

預入金額:1円以上1円単位
預入期間:1年以上3年以内が一般的
金利:変動金利。適用金利は半年ごとに見直し。
   預入期間が3年未満は単利型のみ。
   預入期間が3年以上は単利型と半年複利型の選択可。
利払:単利型は6ヶ月毎に中間利払あり。
   半年複利型は満期一括払い。
途中換金:いつでも解約可能。ただし、中途解約利率が適用される。

ゆうちょ銀行の金融商品

ゆうちょ銀行の主な金融商品について紹介します。

流動性預金

通常預金

預入金額:1円以上1円単位
預入期間:制限なし
金利:変動金利
利払:半年ごと。3月末日と9月末日に区切って元金に組入
途中換金:出し入れ自由

通常貯蓄貯金

預入金額:1円以上1円単位
預入期間:制限なし
金利:変動金利
利払:半年ごと。3月末日と9月末日に区切って元金に組入
途中換金:出し入れ自由
ポイント:貯金残高が基準残高(10万円)以上であれば、通常貯金を上回る金利が適用されるが、貯金残高が基準残高を下回った場合には、通常貯金と同じかそれを下回る金利が適用される。
給与等の自動受取口座や公共料金等の自動引き落とし口座として利用することはできない。

定期生貯金

定額貯金

預入金額:1,000円以上1,000円単位
預入期間:6ヶ月以降自由満期。最長10年。
金利:固定金利。半年複利。
   預入期間に応じた金利(6段階の金利設定)が預入時にさかのぼって適用される。
利払:満期一括払い
途中換金:預け入れてから6ヶ月据え置けば、いつでもペナルティ無しで解約可能。

定期貯金

預入金額:1,000円以上1,000円単位
預入期間:1、3、6ヶ月、1〜5年
金利:固定金利
   預入期間が3年未満は単利型のみ
   預入期間が3年以上は半年複利型のみ
利払:2年ものは中間利払あり
   それ以外は満期一括払い
途中換金:いつでも解約可能。ただし、中途解約利率が適用される。

スポンサーリンク

おわりに

以上、銀行、ゆうちょ銀行の主な金融商品の紹介でした。

金融商品にはいろいろな種類があり、用途や目的も様々です。

いろいろな商品知識をつけて自分に合った金融商品で資産形成をしていきたいですね。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク