Mac版のV2Cでスレッドが開けなくなった場合の対処法


v2cロゴ

V2Cの本家の更新がなくなり、Java8に対応していないことでスレッドが表示されなくなってしまいました。

調べてみたところ、V2C自体の更新は止まっていますが、有志によるV2C-Rにおいて仕様変更等のアップデートが行われています。

V2Cの設定そのままにV2C-Rへ移行できましたので、その方法を紹介します。

スポンサーリンク

V2C-Rをインストール

V2Cを閉じた状態ではV2C-Rを開けないので、V2Cを起動している場合は終了さた状態でインストールします。

V2C-Rにアクセスし、Mac版をダウンロード。
アプリをダウンロード

ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、インストール画面が出てくるので、V2CのアプリをApplicationsフォルダへドラッグ&ドロップ。
ドラッグ&ドロップ

Applicationsフォルダ内に追加された「V2C-R」を右クリックして「開く」をクリック。(最初はダブルクリックではセキュリティーエラーで開けない)
開く

「開いても良いですか?」と聞かれるので、「開く」をクリック。
開くをクリック

V2Cのログを保存するフォルダを聞かれるので、特にこだわりがなければそのまま「OK」をクリック。
V2cフォルダを開く

読み込みが完了すると、以前設定した通りの画面が表示され、スレッドが表示されるようになり一安心です。

ただし、右側に広告が追加されたのがちょっと邪魔かな。

まぁ使えるからOK。

スポンサーリンク

おわりに

Mac用の2chブラウザは機能が乏しい物しかなく、V2Cが一番多機能なので使っています。

アップデートが行われないリスクがありますが、なんとか使い続けていきたいものです。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク