経験知ロゴ

Vagrant + VCCWでホスト名を変更する方法

vccw
Vagrant + VCCWでWordPressを立ち上げるとデフォルトのローカルドメインは「wordpress.local」です。

これを変更する方法を紹介します。

※VCCW2系が前提です。

hostの変更

「site.yml」を変更する。まだ作成していない場合は「vccw」フォルダ内の「provision」フォルダ内に「default.yml」ファイルがあるので「vccw」直下(Vagrantfileと同じディレクトリ)へコピーし「site.yml」にリネーム。

「site.yml」を開き、「hostname」を自分の好きな値に変更。

hostname: wordpress.local

hostname: wordpress.dev

Vagrantで立ち上げる。

$ vagrant up

これで「wordpress.dev」でアクセスすることができる。

hostnameを変更したのに反映されない

「site.yml」を変更する前に「vagrant up」してある場合は

$ vagrant halt

でしっかり終了させるとhost情報が削除されるので、その後

$ vagrant up

を実行すれば良い。

フリーランス向けの高額案件紹介

仕事を請け負っても、単価が安くて売上が伸びず複数案件をこなさなければならない。

ということありませんか?

エンジニアファクトリーは高単価案件を持ち、エンド直請けの仕組みにより高額案件を実現しています。

無料で登録できますので、どのような高額案件があるか確認してみてください。

おわりに

hostnameが反映されず苦戦しましたが、なんとか変更することができました。

ymlを変更するだけでhostを変更できるのは手軽でよいですね。

▼役に立ったらシェアをお願いします