VirtualBoxのインストール方法


VirtualBox
普段使っているパソコン上でLinuxなど他のOS環境を構築し、実行できる仮想化ソフトの「VirtualBox」

VirtulaBoxはVagrantなどで様々な開発環境を作るのに使われます。

VirtualBoxのインストール方法を紹介します。

【こちらの記事も要チェック!】
ChromeでiPhoneなどのスマホサイトのデザインをチェックする方法と使い方
WordPressのテーマ・プラグイン開発環境をVagrantを使い簡単に構築する方法
WP-CLIのインストール方法
Chefのインストール方法
Vagrantのインストール方法
Homebrewのインストール方法
Mac Portsのインストール方法

スポンサーリンク

VirtualBoxのインストール

Oracle VM VirtualBox」から自分のOSに合った最新のバージョンをダウンロード。僕の場合はOS Ⅹなので「VirtualBox バージョン番号 for OS X hosts 」横の「x86/amd64」をクリックしてダウンロード。120MBで1分ぐらいでダウンロードできた。
VirtualBoxをダウンロード

ダウンロードしたファイル(VirtualBox-バージョン番号-OSX.dmg)をダブルクリックし開く。表示された「VirtualBox.pkg」をダブルクリック。
ダブルクリックして開く

「続ける」をクリック。
続けるをクリック

インストーラの「続ける」をクリック。
続けるをクリック

インストールする場所を聞かれるので、変えたい場合はここで変える。特に変える必要がなければ「インストール」をクリック。
インストールをクリック

パソコンのパスワードを尋ねられるのでパスワードを入力し「ソフトウェアをインストール」をクリック。
パスワードを入力

インストールが完了したので「閉じる」をクリック。
インストール完了

以上でVirtualBoxのインストールが完了。

スポンサーリンク

おわりに

VirtualBox自体インストール後は300MB程ですが、仮想マシン自体が数GB〜数十GBと、かなり大きいのでHDDの空きに注意して下さい。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク