VR ZONE体験前の注意事項とバナパスポートカードの購入方法&チャージの仕方


VR ZONE

2016年4月15日にバーチャル・リアリティ(仮想現実)を体験できる「VR ZONE」が期間限定でお台場のダイバーシティでOPENしました。

バンダイナムコが運営するこの施設は、ヘッドマウントディスプレイである「HTC Vive」を使い、振動する椅子や風が出てくる装置を加える事でより一層仮想世界へ入り込んだ感覚にしてくれます。

オープンからしばらくはネット予約をしなければ遊ぶことはできません。4月8日12時開始の予約で初日の予約をなんとか取れたので、OPEN初日に行ってきました。

詳細な事前情報があまりなく、実際に行ってみて先に知っておきたかった情報もありましたので、この記事では現地で知った情報を紹介します。体験記事は別記事に書きます。
追記:体験記事書きました!
VR ZONE体験レポート!仮想現実は体験しないと凄みは分からない! | 経験知

スポンサーリンク

予約が必要

サービス開始からしばらくは、ネットでの事前予約がないと入いれません。予約は「VR ZONE」で1ヶ月前からできますが、2016年4月16日現在予約が開始されるとあっという間にいっぱいになってしまうようです。

土日祝はあっという間に終わります。8日予約スタートでしたが、予約開始時間をすっかり忘れてて開始から40分後に予約をすると土日は一杯。かろうじてサービス開始時の金曜日の16時30分がかろうじて空いていたので予約できました。

場所

場所はダイバーシティの3階の東京テレポートから歩いて一番遠い所にあります。
VR ZONEの場所

なかなか見つからず、場所を間違えたかと焦りましが、予約時間の15分前ぐらいに着けてそのまま受付をしてもらいました。
VR ZONE外観

受付

場所に着くと、係りの人がウロウロしてるので、予約完了時に受け取ったメールを見せると受付をしてくれます。

受付では、パスポートを渡されるので、首から下げる。また、衛星用のアイマスクも渡される。
衛生用のアイマスク

他人が顔に直付けしたヘッドマウントディスプレイをつけるのは衛生的にどうなのかなと思っていたので、このアイマスクをつければ気持ちが楽になります。

こちらは一応持ち帰りOK。

パナパスポート購入とチャージ

各アトラクションで遊ぶにはパナパスポートと、パスポートへのチャージが必要です。持っていない人はバナパスポートを300円で購入します。

パスポートを購入できる自販機は受付にあり、待ち時間で購入することができます。
機会購入

バナパスポート販売機には4つカードがありますが、どれも一緒なのでどのボタンで購入してもOK。但し、100円玉しか使えないので、100円玉がない場合はスタッフに言うと両替をしてくれます。(両替機は施設内にはあります)
カード販売機

隣にはチャージ用の機械があり、タッチパネル操作で1000円または100円分購入できます。こちらも1,000円札か100円玉しか使えずお釣りは出てこない。。。
チャージ機

ここで面倒くさいのが、一気に購入できないということ。3800円チャージしたかったのですが、1000円を3回、100円を8回チャージしなければなりません。

しかも、同じ人は8回までしか連続して購入できないので、この場合は1度よける必要があります。

途中で追加購入することもできるので、とりあえず2000円チャージしました。

また、パスポートは仲間内で使い回すことができるので、ひとつのパスポートで人数分チャージすればみんなで遊べます。

ただし、レーシングゲームはカードにデータを記録できるので、この場合は一人のみ記録することができ、他の人のデータは保存されません。

入場

時間になるとみんなの前でスタッフが施設について説明してくれます。

気分が悪くなる可能性があるのでその時はすぐにスタッフに伝えてくれとのこと。その場合は返金できない。カードのチャージの仕方など、一通り説明が終わると入場開始です。

入り口付近には無料のロッカーが置かれているので荷物が邪魔な場合は入れておくことができます。

ロッカーはナンバー式で、
1、オーブンの状態で暗証番号をセット。
2、そのままクローズ。そうするとその番号が暗証番号になる。
3、他人にわからないよう、ぐちゃぐちゃの数字にする。
4、開ける時は暗証番号に合わせてオーブンすれば開く。

という手順のロッカー。

帽子などもヘッドマウントディスプレイを、つけるときに邪魔なので入れておくと良い。

アトラクションの待ち時間と料金

体験者は受付説明時点で18名。一回の上限人数は20名前後ですかね。

アトラクション台数は全部で20台あるので最初は待ち時間なく遊べます。(アトラクションを選ばなければ)

①スキーロデオ 700円 (651バナコイン)3台 6分
②リアルドライブ 700円 (651バナコイン)3台 14分
③高所恐怖SHOW 1,000円 (930バナコイン) 2台 7分
④脱出病棟Ω 800円 (744バナコイン) 4台 12分
⑤トレインマイスター 700円 (651バナコイン) 4台 9分
⑥アーガイルシフト 700円 (651バナコイン) 4台 7分

アトラクション毎に体験時間が異なるので、2回目以降は多少待ち時間ができますが、数分で順番が周ってくるので問題はありませんでした。

スポンサーリンク

おわりに

VR ZONEを遊ぶ前に自分が気になっていたところや、現地で知った情報の紹介でした。

VRを実際に体験するまでは、VRを体験してビビっている人の動画を見て「ホントかよ〜」と半信半疑でしたが、実際に体験してみると本当に怖かったですw

VRは体験してみないと分かりません。新しい世界が広がります。是非体験してみてください!

実際の体験記事は後ほどアップします!
追記:体験記事書きました!
VR ZONE体験レポート!仮想現実は体験しないと凄みは分からない! | 経験知


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク