経験知ロゴ

イーサリアム(Ethereum)とは?

Ethereum Project

ビットコインによって生み出された「ブロックチェーン」という革命的な仕組みを更に進化させ、実用化に向けて開発が進んでいるのがイーサリアム(Ethereum)です。

この記事では、将来ブロックチェーンの中心となりえる可能性を秘めたイーサリアムについて紹介します。

イーサリアムとは

イーサリアムとは、ブロックチェーンを使った新しいシステムを簡単に作成できるようにする「土台となるシステム」を作るプロジェクトの名前です。

ブロックチェーンは、データの処理を1箇所で集中して行わず、有志の参加者が共同でデータ処理をすることで安全性と低コストを実現した革新的な仕組みです。

ブロックチェーンの仕組みは、通貨に限らずアプリや事業の効率化など、様々な分野での使用が期待されています。

ブロックチェーンを使ったシステムの開発には、

  • 新規作成する
  • 既存のブロックチェーン上に構築する

という二つの方法があります。

新規作成する場合は開発に莫大なコストと時間がかかり、既存のブロックチェーン上に構築する場合は、元となったブロックチェーンの設計に従う必要があり、作成したいシステムに制限が出るという問題があります。

これらの問題を解決し、ブロックチェーンを使ったシステムを簡単に構築できる環境を作ろうとしているのがイーサリアムなのです。

イーサリアムの特徴

スマートコントラクトを使って契約を自動化

ビットコインは、どこからどこへビットコインが移動したかという取引をひとつひとつ記録しています。

イーサリアムはビットコインで行われている取引の記録に加えて契約内容まで記録することができ、契約の条件を満たしたら実行することまでできます。

この「取引記録に取引の契約・実行を行う仕組み」がスマートコントラクト(直訳で賢い契約)です。

「契約」という言葉を使いましたが、実際のニュアンス的には「プログラム」と言った方がわかりやすいかもしれません。

ある条件を満たしたら特定の結果を返すという感じです。

スマートコントラクトの仕組みは、自動販売機に例えられます。

自動販売機は、

  • お金を入れる
  • ボタンを押す

という行動を取ると

  • ボタンに対応した商品が出てくる

という結果を返してくれます。

「お金を入れてボタンを押すと商品が出てくる」というプログラム(契約)を作っておくことで、「契約と実行」が自動化できるということですね。

Gas

イーサリアムでは、送金やスマートコントラクトを実行するのにGasが必要になります。

送金やスマートコントラクトを実行するには燃料(ガソリン。すなわちGas)が必要というイメージです。

ブロックチェーンでは、取引の処理をすることで報酬を得るマイナー(採掘者)がいますが、イーサリアムでも取引やスマートコントラクトを処理することで報酬を得るマイナーが存在します。

Gasはそのマイナーに支払われる手数料というわけです。

取引やスマートコントラクトの処理が複雑になるほどGasの価格は上がり、Gasの価格が高い取引ほど早く処理される傾向にあります。(マイナーは高単価の処理をして稼ぎたいので)

Gasはイーサリアムの通貨Ether(イーサ)と交換できるのですが、レートはGasの需要によって変動します。

PoWとPoS

2018年1月現在、イーサリアムが採用している取引の検証方法はPoW(Proof of Works)という方式です。

ブロックチェーンでは、検証作業(取引や処理を実行すること)を行った人に、その通貨が報酬として与えられます。イーサリアムの場合はETH(イーサ)がもらえます。

PoW方式では、検証作業を実行して報酬を得ることができるのは早い者勝ちです。

特定の値を一番最初に見つけた人に報酬が与えられるため、ハイスペックのパソコンを大量に持って大量に電力を使うことができる人だけが検証作業を行えるのが現状です。

これだと、資金がある人だけが検証作業を行えるようになり、特定のグループ(あるいは人が)全体の作業量の51%を占めるとネットワークをコントロールされるということや、大量の電力を消費して環境に良くないという問題があります。

その問題を解決する仕組みとしてできたのがPoS(Proof of Stake)で、検証作業を行う権利はランダムに割り振られるという仕組みです。

選ばれるのはランダムですが、コインの保有量が多ければ多いほど選ばれる確率が高くなる仕組みも取り入れられています。

PoS方式だと、他の人と競争して計算する必要がないので低スペックなパソコンでも検証作業することができ、消費電力も減って環境に優しくなります。

イーサリアムはPoWからPoSへの移行を表明していますが、2018年1月現在移行時期は明確にされていません。

イーサリアムの現在の価格

おわりに

仮想通貨のひとつであるイーサリアムについて紹介しました。

新しいブロックチェーンのシステムを作成するときの土台として使われるイーサリアムは、いろんなシーンで使われるはずなのでこれからに期待ですね。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから