経験知ロゴ

日々の経験を知識として発信するブログ

Photoshop単体よりLightroomセット(フォトセット)の方が安いのはなぜか

フォトセットががPhotoshop単体より安いのはなぜか

プロ用の画像編集ソフトのPhotoshop。

以前は買い切りで10万以上していたPhotoshopですが、今では月額制になり月980円(税抜き)で使えるようになっていますので、一般の人でも導入しやすくなっています。

ブログのアイキャッチ画像作成用にPhotoshopを導入しました。

しかし、Photoshop導入時に疑問に思ったことが一つあります。

それは、Photoshop単体プランが2,180円(税抜き)なのに対し、PhotoshopとLightroomがセットになったプラン(フォトセット)は980円(税抜き)だということです。

単体で2,180円(税抜き)のものが別のソフトとセットになると980円(税抜き)になるのは明らかにおかしいですよね。単体で買う人がいなくなってしまいますから。

そこで調べてみたところ、ちゃんとした理由がありましたのでその理由を紹介します。

PhotoshopとLightroomとは?

まず、PhotoshopとLightroomとはどんなソフトか紹介します。

Photoshop

写真や画像の編集に特化したソフトで、様々な高機能ツールを駆使することであらゆるデザインやイラストなどに使えるソフトです。

画像編集ソフトの最高峰と言って良いでしょう。

Lightroom

Lightroomは写真編集・管理に特化したソフトです。明るさの調整などフォトグラファーが必要な機能をそろえています。

Photoshopの機能を写真編集に特化したレイアウトにしているので、LightroomでできることはPhotoshopでもできます。

二つの差

PhotoshopとLightroomの違いはこのような感じです。

LightroomがPhotoshopの一部の機能に特化しているといっても、Photoshop単体よりLightroomがセットになった方が安い理由にはなりませんよね。

次はフォトセットの方が安い理由を紹介します。

価格の差は提供される付加サービスの違い

両プランでPhotoshopの機能に差があるのかと思いますが、両プラン共しっかり同じ機能を使えます。

価格の差があるのは、PhotoshopやLightroomといったアプリの他に、提供されるサービスに違いがあるのが理由です。

LightroomとPhotoshop | Adobe Creative Cloudフォトプラン」を見てみるとこのようになっています。
各プランの違い

両プランの違いは、

  • ストレージ容量
  • ロイヤリティフリー素材
  • フォントライブラリ(Typekit)

となっています。

それぞれのサービスを見ていきましょう。

ストレージ容量

Adobeには、Adobe製品で使えるデータをクラウド上に保存でき、インターネットに接続している端末から同じデータを編集できるという機能があります。

ストレージ容量の違いは、Adobeのクラウド上にどれだけのデータを保存できるかということです。

ロイヤルフリー素材(CCマーケット)

Creative Cloud マーケット(CCマーケット)は、iPhoneのレイアウトやアイコンなど、様々な素材が月500点まで無償で使えるサービスです。

素材の検索と使用がとても楽になります。

LightroomとのセットはCCマーケットを使うことができないので、この差は大きいですね。

CCマーケットについて詳しく知り対場合はこちらのページで。

フォントライブラリ(Typekit)

TypekitはAdobe製品で使えるフォントを一つのライブラリーで使えるサービスです。

Typekitの差は使えるフォントの数が違うということです。

LightroomとのセットはTypekitの使用に制限があり、Typekitの無料プランと同等のフォントを使えることができます。

Typekitの無料プランは、230個以上のフォントを使用でき、Web用フォントは940個以上のものから使用可能です。

Photoshop単体プランはTypekitのポートフォリオプランを使用できます。

フォンの種類は2,450個以上、Web用フォントは5,660個以上のモノから使用可能です。

ポートフォリオプランは年額49.99ドルなので、日本円で月額420円ちょっとの金額になります。

これが使えないのがフォトセットが安い理由の一つです。

Typekitの概要と料金プランはこちらのページで確認できます。

支払いプランの違い

Photoshop単体は月々契約できますが、フォトセットは1年間契約しなければなりません。

月額980円(税抜き)でも、1年間払い続ける必要があり、総額11,760円(税抜き)払う必要があります。

ただし、Photoshopは月々契約にすると3,180円(税抜き)になり、年間プランの月々2,180円より付き1,000円高くなって、年間だと12,000円の差になります。

月額980円(税抜き)で安いと思っても、年間契約というところに注意が必要です。

フォトプランでは必要な月だけ、あるいは数ヶ月だけ契約する。ということができません。

ちなみに、フォトプランは月々払いでも年間一括払いでも一年間の総支払額は11,760円(税抜き)で変わりません。(Photoshop単体も月々も一括も変わらない)

月々払いの方が確定申告する際に期間割りする必要がないので後々楽かもしれませんね。

おわりに

両プランの違いは、

  • ストレージ容量
  • ロイヤリティフリー素材
  • フォントライブラリ(Typekit)
  • フォトプランは年間契約のみ

になります。

Photoshopの機能に違いがあるのではなく、付随するサービスが違うということですね。

ストレージ容量はともかく、ロイヤリティーフリー素材とTypekitを使いたいかどうかで、どちらのプランを契約するか別れます。

ロイヤリティーフリー素材は魅力的でしたが、そこまで使うとはなさそうなので僕はLightroomとのセットにしました。

この記事がPhotoshop導入の際のプラン選びの参考になれば幸いです。

あと、PhotoshopはAmazonでも購入できますよ。

▼この記事をシェアできるリンク


▼このブログをフォロー・RSS購読できるリンク