WordPressの管理画面にアクセスすると「502 Bad Gateway」が表示される時の対処法


502 Bad Gateay
WordPressの管理画面にアクセスしようとしたら「502 Bad Gateway」が表示されてアクセスできなくなりました。

ブログ自体は普通に表示されています。

サーバーはCentOS+Nginx+fastCGI+PHP、WordPress3.7.1の環境ですが、なんとか解決できたので解決方法を紹介します。

スポンサーリンク

502 Bad Gatewayとは

「502 Bad Gateway」とは、ゲートウェイあるいはプロキシとして動作しているサーバが、リクエストを実行しようとしてアクセスした上位サーバから不正なレスポンスを受信したり、不正なゲートウェイ経由のアクセスなどがあったため返すエラーコード。

今回の場合はプロキシサーバーと上位サーバーのやりとりが上手くいってなかったと思われる。

解決方法

Nginxの再起動をすることで直った。

$ sudo service nginx restart

困ったときの再起動です。

AWSの場合

AWS+KUSANAGIで構築した環境ではNginxの再起動では直らなかった。

インスタンスを再起動し、Nginxをスタートさせると直った。

コードを更に理解する

WordPressをより自由に、思い通りに使用するにはPHPの知識が必要です。

PHPを学ぶには、Web上での情報や知識には限界があるので、人に教えてもらうのが一番の近道です。

そこでオススメなのが「CodeCamp」です。

マンツーマン指導なので、わからないことはすぐ聞けて、無料体験レッスンもあるのでどんな感じか試せます。


ITエンジニア専門スクールもオススメです。

スポンサーリンク

おわりに

サーバーを再起動することで直ってしまったので詳細な原因はわかりませんでしたが、設定等をいじらずにエラーが出るようになったので、また同じ症状が出るかもしれません。

今は正常に動いているのでとりあえず良しとします。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク