WordPressでAutoPagerizeやAutoPatchWorkを無効にする方法


autopagerizeロゴ
Googleの検索結果などで、画面遷移なしに次のページを自動で読み込んでくれるプラグインにAutoPagerizeやAutoPatchWorkがあります。

大変便利でこのプラグイン無しではウェブブラウジングができないほどに依存しています。

しかし、自分のWordPressのサイトを見た時に、記事を読み、下に進むとコメント欄が表示される前に次の記事が表示されてしまい、コメント欄に辿りつけないという状態になっていました。

WordPressでAutoPagerizeやAutoPatchWorkを無効にする方法を紹介します。

スポンサーリンク

AutoPagerizeやAutoPatchWorkに反応するタグを削除する

WordPress の個別ページで AutoPagerize を無効にする方法(テーマを書き換える) を参考にさせて頂きました。

AutoPagerizeやAutoPatchWorkは「hentry」というタグに反応して次のページを読み込んでいるらしいので、functions.phpに下記コードを追加。

function remove_hentry( $classes ) {
	$classes = array_diff($classes, array('hentry'));
	return $classes;
}

add_filter('post_class', 'remove_hentry');

全部のページに対応できるよう上記のようにfunctions.phpに全てコードを書きました。特定のページにだけ対応したい場合は参考サイトの方法で良いと思います。

コードを更に理解する

WordPressをより自由に、思い通りに使用するにはPHPの知識が必要です。

PHPを学ぶには、Web上での情報や知識には限界があるので、人に教えてもらうのが一番の近道です。

そこでオススメなのが「CodeCamp」です。

マンツーマン指導なので、わからないことはすぐ聞けて、無料体験レッスンもあるのでどんな感じか試せます。


ITエンジニア専門スクールもオススメです。

スポンサーリンク

おわりに

次のページを自動で読み込んでくれるというとても便利なプラグインなのですが、ページの特定の場所(コメント欄やフッター)に辿りつけないのはいかがなものかなと思いましたので今回の対応をしました。

一つづつブログを改善していきたいと思います。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク