経験知ロゴ

WordPressのプラグイン「Jetpack」でイケてるソーシャルボタンを設置する方法

jetpack-social
WordPressの多機能プラグイン「Jetpack」が3.0にバージョンアップしました。

その中で、ソーシャルボタンを簡単に作成、表示させることが出来る「共有」機能があります。

バージョンアップに伴い、実際に表示されるソーシャルボタンのデザインがいい感じに変わったので、Jetpackの「共有」機能の設定の仕方を紹介します。

共有の有効化

ダッシュボード左メニューの「Jetpack」→「設定」をクリック。スクロールしていくと「共有」があるので、マウスホバーすると右に「有効化」が表示されるのでクリック。
有効化

有効化された後、再度同じ位置までスクロールし、「共有」にマウスホバーすると「設定」が表示されるのでクリック。
jetpack共有設定

設定画面で、表示させたいサービスをドラッグ&ドロップで追加。下記画像の四角で囲ってある部分にドロップしないと追加されない。「利用可能なサービスをここにドラッグ&ドロップしてください。」という文字の上にドロップしてもダメ。
ドラッグ&ドロップ

ソーシャルボタンを表示させたいページを選択し、「変更を保存」をクリックして完了。
ボタンを表示

スタイルの変更

同じ設定画面に「ボタンのスタイル」があるので、これを変更すればボタンのデザインが変更できる。

「アイコンとテキスト」
アイコンとテキスト

「アイコンのみ」
アイコンのみ

「テキストのみ」
テキストのみ

「公式ボタン」
公式ボタン

わからないことは人に聞こう

プログラミングをする上で、わからないことはネットなどを使い自分で調べる技術が必要ですよね。

時間がかかっても、ある程度のことは解決できます。

しかし、どうしても答えにたどり着けなかったり、探す時間が惜しいときもあります。

そこでオススメなのが無料登録でプログラミングに関する質問ができるテラテイルです。

質問の投稿にコードも投稿できるので、自分のコードを投稿して問題のある箇所を指摘してもらうことができます。

プログラマーには、自分で探す技術も必要ですが、人に聞く技術は更に重要です。

登録無料で質問できますので、テラテイルで質問する力を磨いてみましょう!

おわりに

公式ボタンとは違ったデザインで表示させるのも面白いですね。

ただ、他のサイトとデザインが違うことによって、ユーザーが慣れないデザインだと戸惑いソーシャルボタンのクリック率の低下も可能性としてはあるので、十分注意したいですね。

▼役に立ったらシェアをお願いします