WordPressとMarsEditでbrタグが消える現象の解決策


brタグが消えるこのブログはMarsEditで編集してWordPressに投稿しているのですが、投稿した後brタグが消えていることに気づきました。

読みやすくするために適度なスペースを作るためにbrタグを多用しているのですが、削除されることによってパラグラフの間がつまり、読みにくくなっていました。

私の記事の投稿の仕方特有の原因でしたが、解決策を紹介します。

スポンサーリンク

記事投稿の手順

私の記事の投稿手順は、

MarsEditiで記事を書き、すぐに公開しないので「Post Status」を「Draft」にしてブログへ投稿。

WordPressのダッシュボードから記事の編集画面を開き「All in One SEO Pack」で「Description」を入力。

公開

という手順で行っています。(因みにMarsEditでAll in One SEO Packの設定項目を入力できる方法がありましたが、その方法だとWordPressをバージョンアップした時にまた同じことをしないといけないので採用していません。)

brタグが消える原因

brタグが消える原因はWordPressで記事の編集画面を開いた時にエディターが「ビジュアル」になっていたのが原因でした。

WordPressのビジュアルエディターは、brタグやpタグを自動整形してしまい、結果としてbrタグを削除するという迷惑な機能がついています。

編集画面を開いただけならMarsEditで編集したbrタグを削除するだけで問題は無いのですが、私の場合、brタグが削除された状態で「Description」を入力して「公開」ボタンを押して保存してしまったので、記事内のbrタグが削除されていました。

解決策

調べてみるとビジュアルエディタの自動整形を無効化するプラグインなどいろいろありましたが、私の場合ビジュアルエディタ自体いらないので、ビジュアルエディタ自体を無効化する方法を取りました。

ビジュアルエディタを無効にする方法

WordPressのダッシュボード 左メニューの「ユーザー」→「あなたのプロフィール」をクリック。
あなたのプロフィール

「ビジュアルリッチエディタ−を使用しない」にチェックを入れ画面最下部の「プロフィールを更新」をクリックして保存。
ビジュアルリッチエディタ−を使用しない

以上の操作で記事の編集画面でビジュアルエディタが表示されなくなります。

コードを更に理解する

WordPressをより自由に、思い通りに使用するにはPHPの知識が必要です。

PHPを学ぶには、Web上での情報や知識には限界があるので、人に教えてもらうのが一番の近道です。

そこでオススメなのが「CodeCamp」です。

マンツーマン指導なので、わからないことはすぐ聞けて、無料体験レッスンもあるのでどんな感じか試せます。


ITエンジニア専門スクールもオススメです。

スポンサーリンク

おわりに

ビジュアルエディタはHTMLを書くときも余計なタグが挿入されたりコードの改行がおかしかったりなどするため個人的に大っ嫌いです。

今回の件でまた一つビジュアルエディタが嫌いになりました。

HTMLは直書きが一番安心します。なので、MarsEditの記事の編集画面とプレビューが同時に見られるのは有難いです。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク