WordPressで公開された記事にPタグが入ってしまうのを無効化する


PS Disable Auto Formatting ロゴ
WordPressの有難迷惑機能である自動整形機能。エディタのHTMLモードとビジュアルモードを切り替える際にbrタグやpタグを自動で挿入、削除するだけでなく、公開記事にも自動的に改行がpタグに変更され見た目が変わってしまいます。

そんな自動整形機能を無効化する方法を紹介します。

スポンサーリンク

PS Disable Auto Formattingのインストール

ダッシュボード左メニューの「プラグイン」→「新規追加」→「検索」に「PS Disable Auto Formatting」と入力し「プラグインの検索をクリック」
PS Disable Auto Formattingを検索する

「PS Disable Auto Formatting」の「いますぐインストール」をクリックしてインストール。
PS Disable Auto Formattingのインストール

インストールが完了したら「プラグインを有効化」をクリックして有効化する。
プラグインを有効化

自動整形を無効化する

ダッシュボード左メニューの「設定」→「自動整形」をクリック。
自動整形を選択

「記事内の自動整形」の「停止」にチエックを入れ「変更を保存」をクリック。
自動整形の設定方法

以上で記事周りの自動整形が無効化されました。

他にも「コメントの自動整形」や「抜粋の自動整形」、「説明(カテゴリー、リンクなど)の自動整形」も停止できるので、適宜使用してください。

コードを更に理解する

WordPressをより自由に、思い通りに使用するにはPHPの知識が必要です。

PHPを学ぶには、Web上での情報や知識には限界があるので、人に教えてもらうのが一番の近道です。

そこでオススメなのが「CodeCamp」です。

マンツーマン指導なので、わからないことはすぐ聞けて、無料体験レッスンもあるのでどんな感じか試せます。


ITエンジニア専門スクールもオススメです。

スポンサーリンク

おわりに

W3Cの勧告ではbrの連続は推奨されていませんが、読みやすさに行間は必要だと思うので、このブログでは多用しています。

改行するのにpタグを使うのもpタグ本来の使い方ではないのもその理由の一つです。

見た目、読みやすさは大事ですよね。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク