経験知ロゴ

WordPressのアップデートで同じバージョンの通知が2回表示される理由

同じバージョン番号

WordPress4.7.3がセキュリティリスクを改善したアップデートだということで、リリースされたと同時にすぐにアップデートしました。

しかし数日すると、また4.7.3にアップデートしろと言われる事態に。。。

なぜこのようなことになってしまうのか紹介します。

ちなみに僕は自動アップデートをオフにしています。自動アップデートされると新しいバージョンに不具合があった場合に面倒なので、しばらく様子を見てから手動でアップデートするスタイルです。

英語版と日本語版の時間差

WordPressは基本英語表記で、日本語対応は有志の方が対応して日本語版としてリリースしています(有志の方に大感謝!!)

最新版のWordPress(英語版)がリリースされてから翻訳作業に入るので、最新版のリリースと日本語版のリリースには時間差が生じてしまいます。

そのため、最新版(英語版)がリリースされたときにアップデートすると、日本語版がリリースされたときにもう一度アップデート通知が表示されてしまうのです。

これがWordPressの同じバージョン通知が2回表示される理由です。

日本語ローカライズ版をスキップする

日本語で使うのなら日本語版もインストールすべきですが、現在使用している翻訳をそのまま使いたい場合はローカライズ版をスキップさせることもできます。

管理画面のダッシュボードの「今すぐ更新してください」をクリック。
今すぐ更新してくださいをクリック。

「この変更を非表示にする」をクリック。
この変更を非表示にする

これでダッシュボードに更新しろという通知は消えました。

ただし、新しいバージョンが出るごとにこの操作をしなければなりません。

日本語ローカライズ版をアップデート

非表示にしたアップデートを再表示する方法も紹介します。

管理画面左メニューの「ダッシュボード」→「更新」→「非表示の更新を表示する」をクリック。
非表示の情報を更新する

これで表示が戻りますので、日本語版のアップデートができます。

正社員でフリーランスな仕事を実現

フリーのエンジニアになって仕事を自由に選びたい!正社員並みの保証が欲しい!

という相反する要望をかなえてくれるのが【midworks】です。

雇われるだけの生活から脱出してみませんか?



おわりに

日本語版は日本語の取り扱いをメインにしているためセキュリティ的な問題はまずないのですが、思わぬところで表示の不具合がある可能性があるので、アップデート通知はとりあえずアップデートしておきたいですね。

▼役に立ったらシェアをお願いします