経験知ロゴ

WordPressのアップデートで同じバージョンの通知が2回表示される理由

同じバージョン番号

WordPress4.7.3がセキュリティリスクを改善したアップデートだということで、リリースされたと同時にすぐにアップデートしました。

しかし数日すると、また4.7.3にアップデートしろと言われる事態に。。。

なぜこのようなことになってしまうのか紹介します。

ちなみに僕は自動アップデートをオフにしています。自動アップデートされると新しいバージョンに不具合があった場合に面倒なので、しばらく様子を見てから手動でアップデートするスタイルです。

英語版と日本語版の時間差

WordPressは基本英語表記で、日本語対応は有志の方が対応して日本語版としてリリースしています(有志の方に大感謝!!)

最新版のWordPress(英語版)がリリースされてから翻訳作業に入るので、最新版のリリースと日本語版のリリースには時間差が生じてしまいます。

そのため、最新版(英語版)がリリースされたときにアップデートすると、日本語版がリリースされたときにもう一度アップデート通知が表示されてしまうのです。

これがWordPressの同じバージョン通知が2回表示される理由です。

日本語ローカライズ版をスキップする

日本語で使うのなら日本語版もインストールすべきですが、現在使用している翻訳をそのまま使いたい場合はローカライズ版をスキップさせることもできます。

管理画面のダッシュボードの「今すぐ更新してください」をクリック。
今すぐ更新してくださいをクリック。

「この変更を非表示にする」をクリック。
この変更を非表示にする

これでダッシュボードに更新しろという通知は消えました。

ただし、新しいバージョンが出るごとにこの操作をしなければなりません。

日本語ローカライズ版をアップデート

非表示にしたアップデートを再表示する方法も紹介します。

管理画面左メニューの「ダッシュボード」→「更新」→「非表示の更新を表示する」をクリック。
非表示の情報を更新する

これで表示が戻りますので、日本語版のアップデートができます。

週3日の副業で月50万

月50万稼げたら年収は600万で、普通の人以上の生活ができます。

それが週3日で稼げたら、残りの4日をどう過ごしますか?

  • 自分の趣味に全力を注ぐ
  • 家族との時間を増やし、子供の成長をしっかりと見守る
  • 毎週海外へ旅行へ行く
  • 新しいことに挑戦する
  • 何もせず、のんびり自由な時間を過ごす

週の半分以上が自分の好きなことに使えるのなら、人生は楽しい物になりますよね!

週2日の休みが増えるということは、

52週(1年) × 2日 = 104日

年間104日も増え、365日のうち208日も自分の時間に使えるのです!

更に、今30歳だとして、65歳まで働いたら、

104日 × 35年 = 3,640日

3,640日も変わってきます!!10年以上ですよ!10年!!

週2日の休みのために5日を無駄にする生活をいつまで続けますか?

週4日の自由たった3日で稼いで、自分のために自由に時間を使う生活をはじめましょう!

週3日で50万円稼げる案件は、業界最大級の案件を保有しているレバテックフリーランスで見つけられます。

1分で完了する無料登録で、時間の自由への一歩を踏み出しましょう!

おわりに

日本語版は日本語の取り扱いをメインにしているためセキュリティ的な問題はまずないのですが、思わぬところで表示の不具合がある可能性があるので、アップデート通知はとりあえずアップデートしておきたいですね。

▼役に立ったらシェアをお願いします