坐骨神経痛 対策でイスをバランスボールに変えてみたら結構良かった


カインズバランスボール
仕事中パソコン作業などでイスに座る機会が多いのですが、右の坐骨がイスにあたり痛くて座るのが苦痛になっています。

厚めのクッションや坐骨部分が輪になった低反発クッションなどを試してみたのですがやはり痛い…

低反発クッションは坐骨部分は良いのですが、尻が下がりモモが上がることで股関節が痛くなってしまいます。
低反発クッション

長時間座ってられないのは死活問題なので、なんとかしたいと考えていた時に思いついたのが「バランスボール」

早速近くのカインズで買ってきて使ってみたら、なかなか良い!

ゴムなので坐骨部分がいい感じにめり込み痛みがほとんどありません。

バランスボールを選ぶ際にサイズなど迷ったところがありましたので、バランスボールの選ぶポイントを紹介します。

スポンサーリンク

バランスボールの選び方

バランスボールの選び方にはサイズと耐荷重、構造のタイプがある。

サイズ

バランスボールにはサイズがあり、身長によって自分に合ったサイズを選ぶ。

ボールのサイズ身長
45cm140〜155cm
55cm150〜165cm
65cm160〜175cm
75cm170〜185cm

僕の場合は178cmなので75cmを選択。

実際に座って試せるようなら座ってみてヒザが90度になる大きさがベスト。

机の高さも考慮すると良い。僕の机の高さは70cmで、75cmのバランスボールを買ったら高すぎるかと思ったが、バランスボール自体 表示通りに75cm膨らませることは推奨されないので、実際のサイズは65cm〜70cm程になる。

更に座ることでボール自体が凹むので更に低くなる。

僕の場合は67cmまで膨らまし座ると高さ45cmになった。

この辺は空気の入れ方で調整できるので、身長的にサイズを迷うようなら大きめのサイズをオススメする。

耐荷重

耐えられる重さもメーカーによって80kg〜300kgまでいろいろあるので購入する際はなるべく耐荷重の大きい物を選ぶ。

構造タイプ

二重構造になっているノンバースト(アンチバースト)タイプか確認する。この構造により、穴が開いた際、風船のように一瞬で破裂するのではなく、ゆっくりとしぼんでゆくため万が一の時に役立つ。

付属品

バランスボールは空気を抜いた状態で売られているので、膨らますには空気入れが必要。基本どの商品にも空気入れは付いているようだが、業務用など稀に付属していない場合があるので注意。

せっかく買っていざ使おうと思ったら膨らませられなかった時のショックは大きい。

カインズのフィットネスボール

ホームセンターカインズのフィットネスボールを購入。一流メーカーの耐荷重が300kgに対して160kgしかないが、70kgの僕が座るだけなので問題ない。

75cmのノンバーストタイプで1,280円。

内容物は空気入れとフィットネスボール本体。
カインズバランスボール内容物

空気入れは懐かしの足踏みタイプ。作りはしっかりしていないので取り扱い注意。空気を入れる最低限の強度しかない。
足踏み空気入れ

栓を抜く時は引っ張ると抜けにくいので、栓の底部分を押すと簡単に抜ける。
バランスボールの栓の抜き方

早速膨らませてみると8分ほどで完成。いきなりパンパンに入れるのではなく、余裕を持った状態で試してみて足りないようなら足していく。

床から67cmある机の下にジャストフィット!
フィットネスボールが机の下にジャストフィット!

スポンサーリンク

おわりに

坐骨の痛みはほとんど無く快適に座れています。

しかし、思いの外腹筋と背筋を使うので長時間座るのがキツかったりしますw

それだけ腹筋と背筋が弱いってことですねorz

坐骨の痛みを和らげ筋トレもできる一石二鳥なバランスボールに座ってバリバリ パソコン作業していきたいと思います!!

バランスボール


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク