経験知ロゴ

MacBook ProのACアダプタを軽くする!Anker PowerPort Speed 1 PD30 レビュー

Anker ACアダプタ

持ち運びに便利なMacBook Proですが、ACアダプターが重くて携帯性をかなり下げています。

僕はMacBook Proの13インチを使っているのですが、MacBook Proと一緒にACアダプタを持ち歩くのが苦痛です。

そこで、軽いACアダプタがないか探したところ、「Anker PowerPort Speed 1 PD30」という商品を見つけました。

PCやスマホの周辺機器ならAnkerの製品を買っておけば間違いないですからね。

充電時間が2時間前後から4時間前後になりますが、重量がアップル純正のACアダプタの半分になります。

4時間で充電できれば全く問題ないです。

この記事では、「Anker PowerPort Speed 1 PD30」について紹介します。

Anker PowerPort Speed の写真

箱はAnkerならではのパッケージ。
Ankerのパッケージ

内容物は、ACアダプタ本体と説明書。
内容物

ACアダプタの本体。実際に見ると小ささがわかる。
本体

USB-Cポートがひとつ。
USB-Cポート

純正のACアダプタとの比較。結構大きさが違う。
純正のACアダプタとの比較

純正の重さは202g。
純正の重さは202g

Anker PowerPort Speed の重さは102gで、100gも軽くなっている。
Ankerの重さは102g

実際に使ってみた感想

実際に使ってみた感想を紹介します。

軽さに感動

まず、軽さに感動しました。

純正のACアダプタは、一見コンパクトに見えるのに重量があるので、感覚的にかなり重く感じます。

そして、ACアダプタが重いと、コンセントに刺すときとか地味に面倒です。

挿しにくい場所にコンセントがあると、無理な姿勢で挿したりする必要があり、ACアダプタが重いとストレスなんですよね…。

Anker PowerPort Speedを実際に手に持ってみると、軽くて取り回しがしやすくて感動しました。

コンセントを出すのが簡単

コンセントは折りたたみで、使うときだけ取り出すことができます。

その出す時の硬さが硬すぎず、簡単に出し閉めできて驚きました。

純正のACアダプタを使っていた時は気にならなかったのですが、Anker PowerPort Speedの出しやすさを体験すると、純正のACアダプタは硬すぎでした。

純正のACアダプタは出す時に指がちょっと痛くなりましたからね。

Anker PowerPort Speedは少しの力で簡単に出し閉めができて便利です。

充電時間が倍になる

純正のACアダプタが61Wなのに対し、Anker PowerPort Speedは30Wなので、単純計算で純正の充電時間より2倍時間がかかります。

しかし、純正を使った充電時間は2時間あれば0から満充電になるので、Anker PowerPort Speedは4時間あれば満充電になることになります。

基本電源につなぎながら作業するし、充電するとしても寝ている間にするので4時間で満充電になれば十分です。

電源につなぎながら作業してもじわじわ充電は溜まっていくので、減った状態からでも作業しつつ充電することはできます。

充電スピードが遅くなるのは全く問題ないです。

おわりに

純正のACアダプタを手で持つのはかなりストレスでしたが、Anker PowerPort Speedは軽くて持ち運びしやすく、サイズも小さくなったので外での作業がとても楽になりました。

もっと早く買っておけばと後悔しています…。

持ち運びが本当に快適ですよ〜。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから