AWSで独自ドメインを設定する方法


Route 53

AWSでAMIMOTOのインスタンスを作成する方法 」の続きです。

スポンサーリンク

固定IPの設定

AMIMOTOのインスタンス起動完了後、パブリックDNSでアクセスしてWordPressを使うことができるが、独自ドメインを使う場合は先に設定してからWordPressの設定をしないとCSSやJsが正常に動作しない場合があるので先にDNSの設定をする。

まずは固定IPを設定する。

EC2のダッシュボード」にアクセスし、左メニューの「Elastic IP」をクリック。
Elastic IP

「新しいアドレスの割当」をクリック。
新しいアドレスの割当

「関連付ける」をクリック。
関連付けるをクリック

新しいアドレスの割り当てが完了。
新しいアドレスの割当が完了

IPアドレスとインスタンスを紐付ける

次に割り当てられたアドレスをインスタンスと紐付ける。

同画面の「アクション」→「アドレスの関連付け」をクリック。
アドレスの関連付けをクリック

「インスタンス」をタップすると起動しているインスタンスが表示されるので紐付けたいインスタンスをクリック。
関連付けのインスタンス

これで割り当てられた「Elastic IP」アドレスにアクセスするとAMIMOTOの設定画面が表示される。
AMIMOTOの設定画面

独自ドメインの設定

独自ドメインを取得したサービスで、ドメインを「Elastic IP」アドレスと紐付ける。

AWSでは「Route 53」というDNSサービスも利用できるので、そちらを使うことを検討してもよい。但し、こちらも時間単位の課金がされ、無料枠外なので注意が必要。

「Route 53」を使った独自ドメインの設定は「【AWS】AMIMOTOで構築したwordpressに独自ドメイン割当手順【Route53】」が分かりやすかったのでこちらを参考に。

設定後、独自ドメインでアクセスできることを確認する。
AMIMOTOの設定画面

コードを更に理解する

WordPressをより自由に、思い通りに使用するにはPHPの知識が必要です。

PHPを学ぶには、Web上での情報や知識には限界があるので、人に教えてもらうのが一番の近道です。

そこでオススメなのが「CodeCamp」です。

マンツーマン指導なので、わからないことはすぐ聞けて、無料体験レッスンもあるのでどんな感じか試せます。


ITエンジニア専門スクールもオススメです。

スポンサーリンク

おわりに

次はLet’s Encryptを使い無料SSL証明を取得しhttpsに対応する方法を紹介します。
【AWS】AMIMOTO(HTTP/2)でLet’s Encryptを使い無料SSL証明を取得して設定する方法

【こちらの記事も要チェック!】
AWSでAMIMOTOのインスタンスを作成する方法
AWSとAMIMOTOでHTTP/2対応の高速WordPress環境を構築する方法。もちろんhttps対応。
【AWS】AMIMOTO(HTTP/2)でLet’s Encryptを使い無料SSL証明を取得して設定する方法
AWS+AMIMOTOでWordPressをインストールする方法

タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク