経験知ロゴ

AWSで独自ドメインを設定する方法

Route 53

AWSでAMIMOTOのインスタンスを作成する方法 」の続きです。

固定IPの設定

AMIMOTOのインスタンス起動完了後、パブリックDNSでアクセスしてWordPressを使うことができるが、独自ドメインを使う場合は先に設定してからWordPressの設定をしないとCSSやJsが正常に動作しない場合があるので先にDNSの設定をする。

まずは固定IPを設定する。

EC2のダッシュボード」にアクセスし、左メニューの「Elastic IP」をクリック。
Elastic IP

「新しいアドレスの割当」をクリック。
新しいアドレスの割当

「関連付ける」をクリック。
関連付けるをクリック

新しいアドレスの割り当てが完了。
新しいアドレスの割当が完了

IPアドレスとインスタンスを紐付ける

次に割り当てられたアドレスをインスタンスと紐付ける。

同画面の「アクション」→「アドレスの関連付け」をクリック。
アドレスの関連付けをクリック

「インスタンス」をタップすると起動しているインスタンスが表示されるので紐付けたいインスタンスをクリック。
関連付けのインスタンス

これで割り当てられた「Elastic IP」アドレスにアクセスするとAMIMOTOの設定画面が表示される。
AMIMOTOの設定画面

独自ドメインの設定

独自ドメインを取得したサービスで、ドメインを「Elastic IP」アドレスと紐付ける。

AWSでは「Route 53」というDNSサービスも利用できるので、そちらを使うことを検討してもよい。但し、こちらも時間単位の課金がされ、無料枠外なので注意が必要。

「Route 53」を使った独自ドメインの設定は「【AWS】AMIMOTOで構築したwordpressに独自ドメイン割当手順【Route53】」が分かりやすかったのでこちらを参考に。

設定後、独自ドメインでアクセスできることを確認する。
AMIMOTOの設定画面

わからないことは人に聞こう

プログラミングをする上で、わからないことはネットなどを使い自分で調べる技術が必要ですよね。

時間がかかっても、ある程度のことは解決できます。

しかし、どうしても答えにたどり着けなかったり、探す時間が惜しいときもあります。

そこでオススメなのが無料登録でプログラミングに関する質問ができるテラテイルです。

質問の投稿にコードも投稿できるので、自分のコードを投稿して問題のある箇所を指摘してもらうことができます。

プログラマーには、自分で探す技術も必要ですが、人に聞く技術は更に重要です。

登録無料で質問できますので、テラテイルで質問する力を磨いてみましょう!

おわりに

次はLet’s Encryptを使い無料SSL証明を取得しhttpsに対応する方法を紹介します。
【AWS】AMIMOTO(HTTP/2)でLet’s Encryptを使い無料SSL証明を取得して設定する方法

こちらの記事も要チェック!

▼役に立ったらシェアをお願いします