膝を固定する重要性がわかった!ワコールのCW-Xレビュー!


cw−x
ランニング、登山、サッカーにと、以前から欲しかった機能性タイツ。

SKINSやアンダーアーマー、バイオギア、CW-Xなど様々な種類があります。

日本製が良いなと思ったことと、スポーツ用品店で履き比べてみてCW-Xのレボリューションモデルを購入しました!

早速履いて何回か試してみたのでレビューします。

スポンサーリンク

購入経緯

スポーツ用品店に行くと、以前はいろんなメーカーの機能性タイツがあったが、今回行った時はなぜかミズノのバイオギアとワコールのCW-Xしかなかったので、この2社で履き比べることに。

試した商品は

バイオギア

BG8000 (ロング)

BG5000(ロング)

CW-X

CW-X ジェネレーターモデル(ロング)

CW-X スタビライクスモデル(ロング)

CW-X スタビライクスモデル(ロング)

のご種類。バイオギアに関して、最高機能のBG8000はふともも、ひざ、ふくらはぎなど、しっかりとサポートしてくれていた。

下位モデルのBG5000はふくらはぎのサポートが無いということだが、正直試着室で履いただけでは両者の違いは分からなかった。

両方のバイオギアを履いて気になったのが、ふともも裏のひざ関節部分の違和感。しゃがんだ際にひっかかる感じがあり、ひざを曲げるのに少し力が必要で、登山など、段差を登ることを考えると選択肢から外れた。

CW-Xに関しては違和感なく履くことができ、上記三種類でとても迷った。

機能性タイツは各部位をサポートするため、機能の違う生地を立体的に組み合わせている。

そのため、繋ぎ目がどうしてもできてしまい、ほんの僅かな違和感を脚に感じる。

その点で優れているのがレボリューションモデル。繋ぎ目を無くしているため自然な感じで履くことができた。

レボリューションモデルを履いてから他のタイツを履くと繋ぎ目の違いが分かる。(レボリューションを履かなければ他のタイツでも繋ぎ目は意識しないぐらい気にならない。)

加えて軽さも魅力的。スポーツをする上で装備品の軽さはとても重要だからだ。

繋ぎ目が無く、軽く、履き心地が良いという理由でレボリューションモデルを購入することに。

実際の感想

CW-Xレボリューションの腰部分。骨盤付近まで上げられ、紐を締めなくて良いぐらいの締めつけ感。
CW-Xレボリューション

内側には小さいポケットが付いていて、鍵や小銭を入れられる。
CW-X小銭いれ

裾部分。伸縮性が殆ど無く、履く時に苦労する。履いてしまえば足首にいい感じでフィットする。
CW-X足首部分

膝の位置を合わせて履くことが重要。ズレると走ったり運動したりしてる時に違和感を感じる。
CW-X履いたとこ

実際に履いて走ってみると、CW-Xひざの締め付ける位置が見た目と微妙に違っているようで、位置を確かめながら走った。

脚を締め付けているので、ランニングフォームも多少変わってしまい、踵から着地していたのがつま先よりの着地になっていた。

この辺は試行錯誤して調整していきたいと思う。

以前は走った次の日は筋肉痛ではないが、ひざに疲労のようなものがあった。

ところが、CW-Xを履いて走った次の日はひざの違和感を感じず、機能性タイツの効果を実感した。

まだ山には履いて行っていないが、なるべくはやく試してみたくなった!

スポンサーリンク

おわりに

機能性タイツはかなりぴっちりしているため、履くコツを掴まないと履くのに苦労します。

1回ならまだしも、履き比べをする際に5種類の機能性タイツを履き比べたので、脱ぎ履きしているだけでとても疲れましたw

しかもそれを2、3回繰り返したので試着室で汗だくになっていましたw

なかなか高額の買い物なので慎重に選び、納得したものを購入できて良かったです。

追記:実際に履いて登ってきました!こちらの記事もどうぞ!
伊豆の城山、葛城山へハイキング iPhone6初出陣


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク