経験知ロゴ

スマホを機種変した時Google Authenticatorのデータを移行する方法

Google Authenticator

Webサービスのセキュリティーを上げるためにGoogleの二段階認証アプリ「Authenticator」を使っているのですが、新しいiPhoneにした時、バックアップデータから復元したにもかかわらずAuthenticatorのデータは復元されませんでした。

これは、セキュリティーを上げるために、バックアップデータから復元できないようになっているようです。

移行は簡単にできるかと思いましたが、何と、一つ一つのサービスの2段階認証設定を一旦削除し、新しく作成したQRコードを新しいスマホで読み込んで登録しなければならないとのこと。

僕がGoogleの二段階認証を設定して使っていたWebサービスのアカウントは次の通りです。

  • Google
  • Amazon
  • Valu
  • bitFlyer
  • Zaif
  • Binance
  • CoinExchange
  • coincheck

計8個のウェブサービスで使っていました。

これらの全てのウェブサービスに、古い方のスマホに入っているAuthenticatorの二段階認証を使ってログインし、設定画面から二段階認証サービスを一旦削除してから再び二段階認証を有効にし、表示されたQRコードを新しいスマホのAuthenticatorで読み取って登録する。という作業を延々とやらなければなりませんでした。

超めんどくさいです。でもやるしかありません。

この記事では、Googleアカウントを例に、新しいスマホでAuthenticatorを再設定する方法を紹介します。

Googleの二段階認証

新しいスマホにAuthenticatorをインストール。

Googleにログインした状態で「2 段階認証プロセス」にアクセスし「開始」をクリック。
2 段階認証プロセス

パスワードを入力し「次へ」をクリック。
パスワードを入力し次へ

「スマートフォンを変更」をクリック。
スマートフォンを変更をクリック

使っているスマホを選択し、「次へ」をクリック。
次へをクリック

新しいQRコードが発行されるので、新しいスマホのAuthenticatorで読み込み登録。僕は一応古いスマホでも登録しました。

この画面から離れると、このQRコードと同じQRコードは再発行されないので注意してください。新しく発行すると別の新たなQRコードが生成されるので。

QRコードを読み込んだら「次へ」をクリック。
2 段階認証プロセスのQRコード

スマホに表示されたGoogleのコードを入力し「確認」をクリック。
2 段階認証プロセス

「完了」をクリックしてポップアップを閉じる。
完了をクリック

以上で完了です。

古いスマホには以前のGoogleアカウントログイン用のコードが表示されていてややこしいので、古いコードは今のうちに消しておきましょう。

新しいGoogleの二段階認証コードは一番下に追加されているはずです。

他のサービスでの設定方法

上記Googleの方法は、一旦二段階認証を解除しなくても新しいコードを発行できましたが、他のサービスでは一旦削除(あるいは無効化)してから再発行(あるいは最有効化)する必要があります。

設定手順は各サービスで違いますが、ログインしてから、

  • アカウント
  • 設定
  • Setting
  • 人の影アイコン

などから設定できるはずです。

おわりに

バックアップから復元できないというのは、セキュリティ向上の為仕方ないのかもしれませんが、移行はかなり面倒です。

機種変の度にこれをやらないとなるとなかなか憂鬱ですよね…。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから