経験知ロゴ

超軽量で開閉も簡単なhands+ 超軽量簡単開閉折傘 54cm レビュー

hands+ 超軽量簡単開閉折傘 54cm

旅行用、普段遣い用に、モンベルの超軽量折りたたみ傘「モンベル トラベルアンブレラ」89gを使っていました。

89gと超軽量でコンパクトなので、ザックの片隅に入れても邪魔にならないし重くならないので重宝していたのですが、いざ使うとなると、6本の骨をいちいち広げ、畳むときも6本の骨をいちいちポキポキ曲げなければならないのが面倒でした。

1日1回なら良いのですが、旅行や買い物に行っているときに建物に出たり入ったりを繰り返すなど、傘を頻繁に出ししまいするときはかなりキツイです。

そんな中、東急ハンズをウロウロしていた時に「hands+ 超軽量簡単開閉折傘」を発見。

119gと、モンベルのトラベルアンブレラの89gと比べると30g増えてしまいますが、それでも手に持った感覚では十分軽量です。

そして驚いたのが開閉のしやすさ、傘を解いたら傘の開閉部分を開くだけで骨が自動で伸び開閉できます。

また、閉じるときも、固定ボタンを押して引っ張るだけで骨は自動でたたまれ、後はくるくる巻くだけで折りたたみ完了。と、モンベルで不満に思っていた開閉が見事解決されているのに感動しました。

30g重くなるのは迷いましたが、使い勝手を考えるとhands+ 超軽量簡単開閉折傘の方が圧倒的に良いので、購入を決意。

因みに、半径が4cm短い50cmのタイプがあり、重さが99gなのですが、東急ハンズで実際に開いて比べてみた結果、身長178cmの僕の身体では50cmだと肩が少し出てしまうので54cmにしました。

傘の大きさはほんの僅かで、風が吹いたら結局変わらないと思いますが、「精神的にマシな方を」選びました。

実際に購入した「vhands+ 超軽量簡単開閉折傘 54cm」について紹介します。

商品写真

収納サイズは50×30×230mmで超コンパクト。
hands+ 超軽量簡単開閉折傘 54cmの収納

収納袋の口は開きっぱなしで止めるものがない。
収納袋の口

袋から取り出した状態。
袋を取り出した部分

開閉ボタン部分。
開閉ボタン

開閉した後のボタン。ボタンを押すだけで閉じられる。指を挟む心配のない構造になっているのが良い。
開閉後のボタン

軽量が差は五角形にして軽量化するものがあるが、しっかり六角形なのも良い。
傘を開いた内側

外側。紫外線遮蔽率90%ついている。
開閉した傘の外側

柄の部分もコンパクトでストラップがついている。ちょっと持ちづらい。
柄の部分

119gとのことだが、袋に入れた状態で測ってみると114gだった。謳い文句より軽いのはスゴイ。
袋込みの重さは114g

袋から取り出した状態だと113g。
袋から取り出した状態だと113g。

袋は2gなので、114gぴったりではなく115gに近い重量。それでも謳い文句より軽い。
袋は2g

実際に使ってみて良かったところ

実際に使ってみて良かったところを紹介します。

軽くかさばらない

一般的な折りたたみ傘の重量は200g前後で、いろいろ機能が詰め込まれたものは300g以上ある場合もあります。

そんな中、119gというのは抜群に軽いです。

僕が使っていたモンベル トラベルアンブレラの89gよりは重いですが、開閉の機能面を考えると十分許容できる範囲の重量。

更に、サイズもコンパクトなので、カバンの隅に入れていても邪魔にならず、軽いのでカバンに入っていることすら忘れてしまいます。

開閉が超絶楽

軽量折りたたみ傘は、軽さを求めるために使い勝手を犠牲にし、結果空けたり閉じたりがしづらくなっているのですが、hands+ 超軽量簡単開閉折傘は開閉が超絶楽です。

開閉部分を押し伸ばすだけで開くことができ、閉じるときもボタンを押して引っ張るだけで閉じられるのが本当に楽。

開閉ごとに骨をポキポキ開いたり折ったりしていた僕からすると、感動的な使いやすさです。

モンベルのトラベルアンブレラと比べると30g重いですが、それを上回る使い勝手で十分満足しています。

日傘としても使える

UVカット90%以上がついているので、日傘としても使えます。

僕はヒゲ脱毛をしているので、顔を日焼けするとレーザ照射ができなくなるため、傘にUVカットが付いてるのはとてもありがたいです。

海外の南国とか紫外線がすさまじいですからね。

このコンパクトサイズで日傘の役割をしてくれるのは旅人にとってとてもありがたいです。

撥水も良かった

まだ1度しか使っていませんが、撥水も良く、目的地について畳んで軽く振れば滴らなくなる程度に水切りできました。

これは使い込んでいくとわかりませんが、新品の状態では染み込みはなくしっかり撥水していました。

使ってみてイマイチなところ

実際に使ってみてイマイチなところも紹介します。イマイチだと感じるのは1点だけ。

柄が持ちづらい

軽量化を意識しているため、柄が簡易的になっています。

薄くなっているので持ちづらいですが、持てないわけではないので、このへんは我慢します。
柄の部分

軽さを実現するためなら十分許容範囲内の仕様です。

おわりに

使い勝手と軽量コンパクト性を極めた折りたたみ傘に出会えて良かったです。

軽ければ軽い程よいので、これからの軽量化への進化は期待しますが、現状でも大満足しています。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから