経験知ロゴ

WindowsでComposerをインストール手順

WindowsでComposerをインストールする手順

PHPのパッケージライブラリ管理ツール「Composer」をWindowsにインストールする手順を紹介します。

PHPのインストール

Composerを使うには、WindowsにPHPがインストールされている必要があります。

XAMPPのPHPでも良いですし、自分でインストールしてもOK。

複数のPHPをインストールしてバージョンを使い分ける方法は下記記事で紹介しています。

Composerのインストール

Introduction – Composer」にアクセスし、「Composer-Setup.exe」をクリックしてダウンロード。
composerをダウンロード

ダウンロードした「Composer-Setup.exe」をダブルクリックして開く。Windows PCのすべてのユーザーにインストールする場合は「Install for all users」、自分しか使わない場合は「Install for me only」をクリック。僕は自分のパソコンで自分しか使わないため「Install for me only」を選択。
インストールするユーザーの選択

インストールオプションが表示されるのでそのまま「Next」をクリック。
インストールオプション

PHPの実行ファイルがある場所を聞かれるので、使いたいPHPのバージョンの「php.exe」ファイルを指定して「Next」をクリック。
PHPのexeファイルの場所を指定

PHP Configration Errorが表示され、php.iniのアップデートをする必要があるなら、「php.ini」をバックアップしてから「Next」をクリック。
PHP Configration Error

プロキシ設定をしている場合はプロキシ設定をして「Next」をクリック。プロキシ設定をしていない場合はそのまま「Next」をクリック。
プロキシ設定

インストールの確認画面が出るので、問題がなければ「Install」をクリック。
インストールの確認画面

「Next」をクリック。
Nextをクリック。

「Finish」をクリック。
Finishをクリック

これでインストール完了です。

インストールの確認

新しくコマンドプロンプトを開き、下記コマンドを実行。

composer -v

下記のように表示されればインストール完了。
composerのインストール完了

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから