経験知ロゴ

お気に入りのイヤホンをワイヤレスにする方法

お気に入りのイヤホンをワイヤレスにする方法

  • お気に入りのイヤホンがあるけど、ワイヤレスじゃないのでコードが鬱陶しい。
  • iPhone7にしてお気に入りのイヤホンが使えなくなった。

ということありませんか?

僕にはアンビーというお気に入りのイヤホンがあるのですが、コードあり、イヤホンジャックなので鬱陶しい上にiPhone7で使えません。

そんな時はBluetoothのワイヤレスレシーバーを使えば、お気に入りのイヤホンが簡単にワイヤレスになります。

僕が使っているのが「エレコム Bluetooth ブルートゥース レシーバーLBT-C/PAR01AVBK」です。

チロルチョコより少し大きいぐらいで、簡単にワイヤレス化することができます。

この記事では、「エレコム Bluetooth ブルートゥース レシーバーLBT-C/PAR01AVBK」のレビューと実際にワイヤレス化する方法を紹介します。

商品画像

箱は意外に大きいですが、レシーバーはご覧の通りの小ささです。
エレコムBluetoothレシーバー

裏には商品説明。2.8cmで約10gの超小型!
外箱の裏側

中身はこれだけ。左から説明書、レシーバー、充電用のmicroUSBケーブル。
内容物

本体サイズは500円玉とほぼ一緒の小ささ。初見の感想は「ちっちゃ!」です。
サイズ

ステレオミニジャック部分。製品上部に挿すことになります。
ステレオミニジャック部分

電源とクリップ部分。クリップはめっちゃしっかりしていてそう簡単には壊れそうにありません。
電源とクリップ部分

microUSB差し込み部分。充電中は音楽を聴くことはできません。
microUSB先込み部分

ジャックを挿したところ。ジャック部分がこれだけ大きく見えるので、レシーバーの小ささがわかりますね。
ジャックを挿したところ

接続方法

iPhoneでの接続方法を紹介します。

「設定」アプリを開き、「Bluetooth」→「オン」をタップしてBluetoothをオンにします。
BluetoothをタップBluetoothをオンにする

レシーバーの電源をオンにすると「デバイス」に「PAR01」が表示されるので、タップすると「接続済み」になります。
PAR01をタップ接続済みになる

以上で接続完了です。iPhoneで音楽を再生すると、レシーバーを通してお気に入りのイヤホンで聴くことができます。

Bluetooth4.1に対応しているので、レシーバーの電池残量はiPhoneのメニューバーで確認できます。
電池残量

追加の接続方法

エレコム Bluetooth ブルートゥース レシーバーLBT-C/PAR01AVBK」は8台までの機器を登録することができますので、その追加方法も紹介します。

レシーバーの電源を入れると既存のiPhoneに接続されてしまうので、ペアリングモードにするために一度既存のiPhoneの接続を解除します。

既に登録したiPhoneのBluetoothの設定画面で、「PAR01」をタップし「接続解除」をタップして一度接続を解除。
PAR01をタップ接続解除

レシバーの電源を入れるとペアリングモードになるので、別のiPhoneや接続したい機器で設定をすればOKです。

一度解除した機器は、レシーバーが電源オンの状態で「PAR01」をタップすると再び接続できます。

2台同時につなげてみる

ちょっと意地悪なことを。

iPhone2台で接続するとどうなるかを試してみました。

2台とも接続した状態で音楽を流すと、最初に再生ボタンを押した方の音楽が流れ、もう片方のiPhoneから音楽を流すと、最初の方は音楽が止まり、別の方の音楽が流れてきます。

同時接続していると、後から操作した方の機器が優先されるようです。

スペックと特徴

エレコム Bluetooth ブルートゥース レシーバーLBT-C/PAR01AVBK」の特徴は、機能を潔くそぎ落としたことによる低価格と小型・軽量化です。

5,000円前後するBluetooth4.1レシーバー市場でこの商品は税込2,336円(2017年3月31日現在Amazon価格)で、チロルチョコサイズで重さ10gと超軽量になっています。

軽いのでコードを持ってレシーバーをぶら下げても全く問題ないです。

そのためにそぎ落とされた機能として、レシーバーからの再生・停止、音量調整、曲送りなどの機能があります。

あとは、高音質で再生できるAACに対応していないことですね。

これらの機能はありませんが、十分な音質で、操作はiPhoneで行うので特に問題なく使えています。

どうしてもこれらの機能が欲しいのなら上位機種があるのでそちらもオススメです。

スペック

通信方式Bluetooth標準規格 Version4.1
出力Bluetooth Power Class2
最大通信距離見通し 約10m
使用周波数帯域2.4GHz帯
変調方式FHSS(周波数ホッピング方式スペクトラム拡散)
対応BluetoothプロファイルA2DP
A2DPの対応コーデックSBC
A2DPの対応コンテンツ保護SCMS-T方式
最大登録可能台数8台
マルチポイント(同時待受け)非対応
連続再生最大時間約6.0時間
連続待受最大時間約150時間
電源DC5V
内蔵バッテリーリチウムポリマー充電池
充電時間約2時間
入力端子microUSB(充電用)
動作時環境条件(温度)5℃~35℃
動作時環境条件(相対湿度)20%~80%(ただし、結露無きこと)
保管時環境条件(温度)0℃~40℃
保管時環境条件(相対湿度)20%~80%(ただし、結露無きこと)
外形寸法(幅×奥行き×高さ)本体:28×11.5×28mm(突起部除く)
質量約10g
本体カラーブルー
保証期間1年間
法令対応TELEC
付属品USB充電ケーブル、取扱説明書(保証書付き)

おわりに

以上、「エレコム Bluetooth ブルートゥース レシーバーLBT-C/PAR01AVBK」の紹介とワイヤレス化する方法を紹介しました。

イヤホン部分のコードはありますが、再生機器とワイヤレスでつなげられるのは取り扱いが簡単になりとても便利です。

お気に入りのイヤホンをワイヤレス化して快適な音楽ライフを楽しみましょう!

▼役に立ったらシェアをお願いします