経験知ロゴ

VALUで自分のVAを売りに出す方法と高く売るためのテクニック


緊急!楽天カードが年に4回しか行わない「契約時に8000ポイントもらえるキャンペーン」を実施中!!契約するなら今です!

自分のVALUを売る方法

VALUで認証を受けると自分のVALUを売ることができます。

ですが、売買の仕組みや値付けの仕組みを理解していないと損をすることがあります。

この記事では、自分のVALUを売りに出す手順と、売り出す際の数量、価格の注意点について紹介します。

自分のVALUを売りに出す

では実際に自分のVALUを売りに出してみましょう。

自分のダッシュボードの「MY VALUを見る」をクリック。
MY VALUをクリック

「VALUを売買する」をクリック。
VALUを売買する

「買い注文」画面が表示されるので、下にスクロールしていき、「売却」をクリック。
売却をクリック

「売り注文」画面が表示されるので、下へスクロールしていきます。

ここで売却できるのですが、自分の1VAをいくらで売るのか決める必要があります。

僕の場合、現在の1VAの価値は「0.00101 BTC」です。
現在のVAの価格

売りに出すVAの価格はこの「現在値」の額から0.75倍〜1.5倍の価格で設定することができます。

この価格が「本日の取引可能単価」です。
本日の取引可能単価

0.00101 × 0.75 = 0.000757
0.00101 × 1.5 = 0.001515

小数点以下で分かりにくいですが、なんとか慣れましょう…。

単価設定の注意点

VALUで資金を多く集めるには「現在値」の額を上げる必要があります。

「現在値」はVAの売買高や需要によって変わってきます。

そして、VAの単価は1日に1.5倍までしか上げることができません

このことから、1日ごとにVAの価格を1.5倍に設定しVAの発行数はなるべく少なくすることで、販売額と需要を高めて「現在値」を上げるのが資金を集める上で重要になってきます。

最初に安いVA単価で大量に売却してしまうと「現在値」を上げる要素が無くなり、せっかく「現在値」を上げたとしても売るVALUが手元に無い。という事態が起こる可能性があります。

ですので、最初は「現在値」の1.5倍の値段で1VAずつ売りに出し、需要が無いようなら発行をやめ、自分のVALUが上がるような活動を行ったり優待を設定するのが良いでしょう。

2017年8月31日現在、VALUの取引回数は1日10回までと制限されています。小出しにしすぎると上限に引っかかる可能性があり、他の人のVALUの取引もできなくなるので注意が必要です。

また、初回VA発行数は5VAに制限されています。初回の売り出しは5VA以下にしましょう。

実際に売りに出す

実際に1VAを今日の僕の上限である0.001515 BTCで売りに出してみたいところなのですが、はじめて売りに出すときはVALUの登録時に設定した「売り出し金額」でなければなりません。

登録時に設定した「売り出し金額」以上の設定をして売ると、

「初回のトランズアクションが行われるまでは、申請額以上の額で売却はできません。」というエラーが出て初回の売り出しができません。
売却できない

ですので「売り出し金額」を「売却希望単価」に入力します。

「売り出し金額」は忘れてしまいがちですが、「現在値」と同じ金額です。

初回売却時には「売却希望単価」は「現在値」を入力しましょう。

「売却希望数」と「売却希望単価」を入力し、「売却する」をクリック。
売り注文

売却の確認画面が表示されます。
売却の確認画面

VALUの売買についてと、売買に関する手数料についても書かれているので、よく読みましょう。

読んで同意できるなら、2カ所の同意にチェックを入れ「売却する」をクリック。

これで売却完了です。
VALU | 取引完了

僕の場合、僕の初回売値で既に注文が入っていたので僕が売り出した瞬間に取引が成立し、

「1VAの取引中、1VAの注文が成立しました。」

という表示が出ます。

買い注文がなく、自分が売り出しただけなら、

「1VAの取引中、0VAの注文が成立しました。」という表示になります。
注文の成立

買い手が現れるまで待ちましょう。

売り注文の取り消し

一度出した売り注文も、取引が約定(やくじょう:取引が確定すること)する前なら取り消すことができます。

右上の「三」をクリックし、「取引履歴」→「取消」をクリックすると取り消すことができます。
注文の取り消し

口座残高の確認

自分の売り出したVALUに買い手が現れるとVALU内の口座のBTCが増えます。

右上の「三」をクリックし、「口座管理」をクリック。
口座管理

現在自分が保有しているBTCを確認できます。
VALUの確認

僕の場合、「0.00101 BTC」で1VA売りに出したのが売られたので、手数料10%を引かれた「0.000909 BTC」が入金されています。

このBTCは、他の人のVALUを買うのに使っても良いし、出金して自分の活動に使ってもOKです。

おわりに

ちょっとわかりにくい自分のVALUを売る方法を紹介しました。

自分のVALUの販売手数料が10%ってなかなか高いですけど、自分の価値がビットコインになる手数料と考えるとかなり安いのかもしれません。

発行できるVALU数には上限があるので、うまく自分の価値を高めて高値で取引されるようになりたいですね。

VALUの使い方

仮想通貨に関する記事をもっと見る>>

▼役に立ったらシェアをお願いします