経験知ロゴ

iPhoneでカメラのシャッター音が鳴らないようにする方法

iphone
このブログではラーメンやつけ麺のレビューをしていて、撮影にはiPhone6を使用しています。

iPhone5まではスピーカー部分を抑えればシャッター音はある程度聞こえなくなったのでそれほど問題なかったのですが、iPhone6からシャッター音が大きくなり、スピーカー部分を抑えても大きさはほとんど変わらないため、店内で撮影する際に他のお客さんの迷惑になってしまいます。

そして何より恥ずかしい。

そこで何とかならないかと調べていると「Pastel」という無音アプリを見つけましたので紹介します。

2016年9月20日追記:iOS10でシャッター音を鳴らないようにする方法が発見されました!
iOS10.0.1でシャッター音をカメラとスクリーンショットでオフにする方法 | 経験知

2016年2月11日追記:AppStoreでのPastelの取り扱いが消えました。有料ですが、One Camというアプリをおすすめします。こちらはマナーモードにすることで無音で撮影することができます。

こちらの記事も要チェック!

Pastelの特徴

Pastel」は画像編集やSNSへの投稿ができる無音カメラアプリ。

無音カメラアプリは解像度が著しく落ちるので今まで使っていなかったが、このアプリは3種類の画質(1920×1080 / 2592×1936 / 3264×2448) に対応しているのでデフォルトのカメラとほぼ同等の解像度で撮影することができる。

他にも、グリッド表示、タイマー撮影、手ブレ防止モードなどの機能がある。

また、以前のバージョンでは無音撮影する場合は無音設定をした上でマナーモードにする必要があったのが、2014年11月13日のアップデート(バージョン: 1.5.30)で無音設定をすれば無音撮影できるようになった。

HDR撮影には対応していない。

無音の設定

Pastel」をダウンロードし起動。下メニューの歯車マークをタップし、「シャッター音」をタップすると文字の色が薄くなる。この状態がシャッター音オフの状態であり、シャッターボタンに音が消えているマークが表示される。
シャッター音をオフにする
シャッター音が鳴らない状態

これでシャッターボタンをタップすると無音で撮影できる。なお音量ボタンでの撮影はできないため、画面のボタンでシャッターをきるしかない。

解像度の設定

解像度も変更手順。下メニューの一番左の「三」をタップし、「無音カメラの解像度」をタップ。
設定
無音カメラの解像度

撮影したい解像度を選択。左下の「×」をタップして設定を閉じ完了。
解像度の選択
バツボタンをタップして終了

スマホの通信制限が心配な方へ

通信制限が気になって外で思いっきり通信できないってストレス溜まりますよね。

  • 見たい動画も見られない
  • SNSの通信量を気にして動画の自動再生をオフにしてる
  • アプリの更新は家に帰ってから

会社や家庭で日頃ストレスが溜まっているのに、隙間時間を有効に使えるスマホ操作でもストレスが溜まったらやってらんないですよね。

実は通信制限を気にしなくて良くなる方法があります。

それは、「定額使い放題のWiMAX

」を手に入れることです。

  • スマホで実質パケット使い放題!
  • パソコンにも使える!
  • 使わなくなったスマホも使えて2台持ち!

通信制限を気にしなくて良い便利で快適な未来があなたを待っています。

WiMAXを手に入れるとスマホだけでなくパソコンライフもハッピーになる理由をこちらの記事で詳しく解説しています。
スマホの通信制限から解放される方法

おわりに

無音カメラアプリもいつの間にか進化していました。マナーモードにしなくても音が出なくなったのは良い改善です。以前はシャッターボタンに無音マークが付いているのに、マナーモードにしていないため音が鳴るというミスをしそうになりました。

これで撮影枚数があまりなかったラーメンレビューの画像数を増やすことができます!

▼役に立ったらシェアをお願いします