iPhone5バッテリー交換プログラムではApple Care+に入っていないとエクスプレス交換サービスが利用できない


iPhone5バッテリー交換プログラム
先日の記事(iPhone5 バッテリー交換プログラムに出す前に確認しておきたいiPhoneバッテリー診断のやり方)の件で、近くの正規サービスプロバイダにバッテリーの在庫がなく修理に時間がかかるので、エクスプレス交換サービスを申し込んでみました。

エクスプレス交換サービスとは、3,400円で新品(新古品)のiPhoneを自宅に送ってもらい今後それを使用し、その際に今使っているiPhoneを配送業者に渡し取引完了というものです。詳しくは「Apple – Legal – エクスプレス交換サービス」で。

サポートセンターの予約をとってから表題の件に至るまでを紹介します。

※アップルに送った結果がこちら「iPhone5も曲がる。iPhone6だけじゃないのだ。

【こちらの記事も要チェック!】
海外から送られてくるApple製品を最速で受け取る方法
ASUS無線LANルーターRT-AC87Uレビュー
iOS10.1.1がリリース。Wi-Fi速度やIIJmioの動作情報を紹介。
iOS10.1がリリース。Wi-Fi速度やIIJmioの動作情報を紹介。Apple PayやSuicaが使えるように
iOS10.0.3がリリース!Wi-Fi速度やIIJmioの動作情報を紹介!モバイルデータ通信の接続が安定するようになった!
iOS10.0.1でシャッター音をカメラとスクリーンショットでオフにする方法
iPhone7を使ってみて感じた良いとこ、悪いとこ。
iOS10で写真アプリに追加された「ピープル」を表示させない方法
iOS10のロック解除方法を変更する方法
iOS10リリース!Wi-Fi速度やIIJmioの動作情報、不具合などを紹介!

スポンサーリンク

サポートへ申し込み

iPhone5 バッテリー交換プログラムに出す前に確認しておきたいiPhoneバッテリー診断のやり方」でバッテリーに問題があることを確認。確認後の画面から電話予約をすると診断内容を電話担当者が把握できるので話がスムーズに進む。

バッテリーに問題があると表示されている画面の「問題の解決策を表示:バッテリーに修理が必要である(推奨)」をクリック。
問題の解決策を表示

希望のサポート方法を選択。僕は「指定した日時に電話して欲しい」をクリックし、希望の日時を選択。
Appleサポートにお問い合わせ

サポートからの電話

予約時間頃になるとサポートセンターから電話がある。(予定時刻より5分遅れだった)

電話にでると音声案内が流れるので、無言で電話にでるように。(電話に出て名前を名乗ると恥ずかしいです…)

音声案内に従い、キーパッドの1をタップして担当者と話をする。

iPhoneのバッテリーの状況を聞かれ、対策として何かしたか聞かれる。
WiFiを切ったりアプリをバックグラウンドでなるべく動かさなくするやiPhoneの初期化を試したなどを伝える。

iPhone5バッテリー交換プログラムの対象商品なので無料の配送修理になる。

ここでエクスプレス交換サービスでと伝える。

・僕はApple Care+に入っていないので3,400円かかる。
・iPhoneを引き渡す時に「iPhoneを探す」機能をオフにしておくこと。
などの注意点を伝えられ、住所、電話番号を伝えて手続きのために2分ほど待つ。

再度電話がつながると、iPhone5バッテリー交換プログラムの対象商品はApple Care+に入っていないとエクスプレス交換サービスを使用できず、使うとしても通常の修理代金がかかると伝えられる。

代替手段として契約した携帯ショップで代替機を借り、配送修理をする方法を提案される。

面倒くさくなったので検討するということで電話終了。

サポートの方は丁寧な口調で話しやすい感じでした。

最終的に

代替機も面倒くさいので、近々発売が噂されるiPhone6購入したら配送修理に出そうと思います。

※アップルに送った結果がこちら「iPhone5も曲がる。iPhone6だけじゃないのだ。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク