「LINE Pay」の解約方法


LINE Pay cashとmoneyの違い
クレジットカードを登録したり、銀行口座から入金することで24時間友達に送金できるなど便利なLINE Pay。

クレジットカードや銀行口座を登録するサービスは退会の方法をしっかり把握してから登録したいですよね。

今回はLINE Payの解約方法を紹介します。これから登録を考えている人や、解約したいという人の参考になればと思います。

スポンサーリンク

解約がすぐに出来ないケース

まず把握しなければならないのが解約がすぐにできないケース。下記条件に合致しているとすぐに解約できないので要注意。

決済/送金が進行中

決済/送金が完了次第、解約が可能になる。

利用停止状態である場合

利用停止状態のままでは解約することができないので「利用停止解除」の方法で利用停止を解除する。

LINE CashまたはMoneyの残高が216円以上

残高が残りすぎていると解約できない。残高放棄か引き出し後に解約可能。

LINE Cashの場合は引き出すことができないので、引き出す場合は本人確認を行ってLINE Moneyにする必要がある。

本人確認が嫌な場合は残高放棄になってしまうので、LINE Cashへのチャージは極力抑えたい。

自分のLINEから解約できない場合

・未対応OSに引き継ぎした場合
 ※未対応OSはBlackBerry/Nokia/WindowsPhoneなどiOS、Android以外のOS
・他の国家の電話番号でLINEを引き継ぎした場合

上記2点のいずれかに該当した場合はLINEアプリから解約することができない。

上記場合の解約手順

1)問題報告フォームに申請
 ※お客さま情報を確認し、本人確認のための郵便物をLINEから発送。

2)郵便物を受け取り、郵便物の内容の下段に記載している[CODE]を、[返信用URL]から連絡
 ※[返信用URL]は、上記1の申請後、弊社から返信するメールの最後に記載。
 ※郵便本人確認は、郵送状況によって約1週間ほどかかる。

上記手続き完了後、LINE Payを解約。このときLINE Cash/Moneyが引き出し手数料の216円より多い場合には、銀行口座に送金される。

解約方法

通常の解約方法を紹介。

LINEアプリを起動し、右下の「その他」をタップし「Pay」をタップ。指紋認証またはLINE Payのパスワードを入力してログイン。
Payを選択
パスワードを入力

「設定」をタップし、一番下までスクロールすると「LINE Pay解約」があるのでタップ。
設定をタップ
LINE Pay解約

解約の確認画面が出るので「LINE Pay解約」をタップ。最終確認画面が出るので「はい」をタップ。
LINE Pay解約確認
最終確認ではいをタップ

登録時に登録したメールアドレスに解約完了のメールが届き、解約完了。
解約完了

スポンサーリンク

おわりに

LINE Cash/Moneyの残高は注意していないと解約時に面倒なことになりそうです。

機種変や海外の電話番号に変更する際は注意が必要で、変更前に解約しないと面倒くさいことになるので要注意。

この方法は2014年12月現在の方法です。紹介した方法と違う場合は「ヘルプセンター | LINE」でご確認下さい。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク