経験知ロゴ

Touch Barを設定できないアプリでもTouch Barを設定できるようにする方法

オススメのお役立ち情報!

Touchbar

2016年に発売されたMacBook Proには、Touch Barが搭載され、自由にボタンを配置できるようになりました。

しかし、アプリがTouch Barに対応していないとTouch Barのカスタマイズをすることができません。

しかし、「BetterTouchTool」というアプリがあれば、Touch Barに対応していないアプリでも、Touch Barに機能を追加することができます。

このページでは、BetterTouchToolでTouch Barの設定をする方法を紹介します。

BetterTouchToolとは

BetterTouchToolはMagic Mouseやトラックパッド、キーボードやApple TV、そしてTouch Barなど、あらゆるMacの入力・操作デバイスに、しょーっとカットを割り当てることができるツールです。

BetterTouchToolはAppStoreでの取り扱いがないので、Webサイトからダウンロードします。

有料アプリで45日間の無料期間があり、購入するには日本円で500円ちょっとしますが、iPhoneアプリを購入すると240円で(2016年12月現在)購入できるのでオススメです。

BetterTouchToolのインストール

BetterTouchTool」へアクセスし、「DOWNLOAD BETTERTOUCHTOOL」をクリック。
downloadをクリック

ダウンロードしたzipファイルをダブルクリックして解凍すると「BetterTouchTool.app」が出てくるので、「アプリケーション」フォルダへ移動させ、インストール完了です。

移動後、「BetterTouchTool.app」を起動させます。

BetterTouchToolでTouch Barを設定する

「BetterTouchTool.app」を起動させると、画面上部のメニューバーに「BetterTouchTool」のアイコンが表示されます。

「BetterTouchTool」のアイコンをクリックし「Preferences」をクリック。
Preferencesをクリック

上部メニューの「TouchBar」をクリックし、左メニューの「+」をクリック。
touchbarをクリック

設定したいアプリを選択し「Open」をクリック。
アプリを選択

左メニューから設定したいアプリを選択し「+Add TouchBar Button」をクリック。
add touch bar button

画面下部でアイコンや名前、ショートカットの設定をします。
画面下部で設定

Add Icon

アイコンを追加することができ、クリックすると数多くのアイコンがあります。使用したいアイコンをドラッグして「Add Icon」にドロップすると追加されます。このアイコンはTouchBarに表示されます。必要なければ特に設定する必要はありません。

Touch Bar Button Name

Touch Barの名前を入力します。ここで入力した名前がTouch Barに表示され、ボタンとなります。

Custom Keyboard Shortcut

上記で設定したボタンにショートカットを設定します。この項目にフォーカスが当たっている状態でキーボード入力するとショートカットが設定できます。
ここでは、Google chromeのキャッシュを削除して更新のcommand + Rを設定し、名前は「refresh」にしました。地味に押しにくいショートカットなので、Touch Barを使いワンタッチで実行できるととても便利です。

保存するボタンのようなものはなく、入力が完了した時点で設定は完了しています。

実際に使ってみる

設定が完了し、Touch Barを見てみると「BetterTouchTool」のアイコンが追加されています。
BetterTouchToolのアイコンをタップ

Touch Barの設定をしたアプリを開き「BetterTouchTool」のアイコンをタッチすると設定したボタンが表示されます。(初回は2回タップしないと表示されないようです)
ボタン表示

このボタンをタップすると、ちゃんとページが再読み込みされました。

ボタンの開閉はこんな感じです。

ボタンを閉じる際に、一番左の「×」ボタンで閉じると「BetterTouchTool」のアイコンから開くときに2回タッチが必要になるようです。「BetterTouchTool」のアイコンで閉じると1回で開けるようになるので、閉じるときは「BetterTouchTool」のアイコンの方が良さそうです。

おわりに

まだまだ便利な使い方がわからないTouch Barですが、このように自分が好きなショートカットを設定できると作業効率が上がるかもしれませんね。

この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!


このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!