経験知ロゴ

軽量ザックの「ミレーゼニス30L」レビュー

ミレーゼニス30

ミレーのザックは背負いやすく使いやすいのでよく使っています。

機内持ち込みでき、LCCの7kg制限内に収めるために軽量のザックを探したところ、ミレーではゼニスが890gと一番軽かったです。

一般的な30Lのザックは1200g〜1500gぐらいなので、かなり軽量となっています。

更に軽さを求めればモンベルのリッジライン(700g)などがありますが、背負い心地がいまいちです。

この記事では、ミレーゼニス30Lについて紹介します。

ミレーゼニス30Lの写真

一見軽量ザックに見えなく、普通のミレーのザックのような外観。
ミレーゼニス30L

背面もメッシュで、パッドもしっかりしている。ショルダーベルトも体にフィットして通気性も良い。
背面メッシュ

両サイドポケットもしっかり大きく、ものを入れやすい。他社の軽量ザックはサイドポケットがなかったり小さくて使いにくいものが多いのでこれは有り難い。
両サイドポケット

背面ポケットはマチがあり、メイン気室をパンパンにしてもある程度入れられる。縫い目が斜めに入っているが、縫い目以降も荷物を入れられる。
背面ポケット

雨蓋部分には黄色いザックカバーが入っている。
ザックカバー

ウエストベルトの右側にはポケットが付いていて、iPhone7がなんとか入る大きさ。
ウエストベルトポケット

使ってみた感想

実際に使ってみた感想です。

登山ザックの良いところをしっかり残している

他社の軽量ザックは登山ザックの良いところをそいでまで軽くしているのですが、ゼニスは機能をしっかり保ったまま軽量化しているのが良いです。

ひとつは背面パッド。

モンベルの軽量ザックであるバーサライト(40Lで710g)を買ったのですが、背面パッドがフニャフニャで荷物を入れにくいし背負い心地や通気性も悪く、長時間背負い続けるのはキツかったです。

ゼニスは背面パッドがしっかりして荷物を入れやすく、通気性もあるのが良いです。

もう一つはウエストベルト。

ウエストベルトがしっかりしていると荷物の重さを腰で受けられ、肩が痛くなることがありません。

軽量ザックだと、ウエストベルト自体がなかったり、あってもパッド部分がないただのベルトでつけ心地がいまいちです。

ゼニスはパッドも付いているし、通気性も考えられています。

しっかりとしたウェストベルトなので、30Lの荷物なら余裕で重量を受けられるのはとてもありがたいです。

雨蓋のバックルがひとつなのが便利

地味に便利だったのが、雨蓋のバックルが一つだけということです。

普通2つ付いていて、外すときとつけるときで計4回のつけ外しが必要なんですが、バックルがひとつだと開け閉めが計2回で済みます。

これが意外と楽で、開け閉めの憂鬱さが和らいだのは思いの外良かったです。

ただ、その分雨蓋の形が3角に近づき、雨蓋内に入れられる荷物の量が減ったり、雨蓋で大きな荷物を固定するという使い方はしづらくなっています。

この辺はザックをどう使うかで好みが別れてきそうです。

おわりに

結局僕の旅の荷物が30Lで収まらなかったので今は使わなくなってしまいましたが、いつかこのサイズに荷物が収まるようにしてライトに旅をしたいです。

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから