Nginxでgzipを設定する方法


nginx
Googleの「PageSpeed Insights」でGzipを使用するようにアドバイスを貰ったので、Nginxでgzipを使う方法を紹介します。

Nginxでブラウザのキャシュ機能を使う場合は「Nginxでブラウザのキャッシュを活用する方法」で。

スポンサーリンク

Nginxの設定

設定ファイル「/etc/nginx/nginx.conf」に設定。

$ sudo vi /etc/nginx/nginx.conf

で開き、http内に下記の内容を追加。

http {   
    ...  
    gzip              on;
    gzip_http_version 1.0;
    gzip_types        text/plain
                       text/html
                       text/css
                       application/xml
                       application/xhtml+xml
                       application/rss+xml
                       application/atom_xml
                       application/javascript
                       application/x-javascript
                       application/x-httpd-php;
    gzip_disable      "MSIE [1-6]\.";
    gzip_disable      "Mozilla/4";
    gzip_comp_level   1;
    gzip_proxied      any;
    gzip_vary         on;
    gzip_buffers      4 8k;
    gzip_min_length   1100;
    ... 
}

保存したらNginxを再起動。

$ sudo service nginx restart

Starting nginx: nginx: [warn] duplicate MIME type “text/html” in …

Nginxの再起動時に「Starting nginx: nginx: [warn] duplicate MIME type “text/html” in …」というエラーが出たら、上記の「gzip_types」に「text/html」が入っているので削除する。「text/html」はデフォルトでインクルードされるので設定する必要がない。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク