経験知ロゴ 経験知トップへ

Oculus Quest 2 レビュー!コスパ、携帯性、没入感の高さ、現状ベストバイな逸品

Oculus Quest 2レビュー

2020年10月13日に、Oculus Quest 2が64GBモデルで税抜33,800円、256GBモデルが44,800円で発売されました。

PCと接続しなくても本格的なVR体験ができる端末ということで、PSVRを購入した僕としては、ケーブルなしで遊べるというのに惹かれました。

しかも、専用の別売りケーブルを使ってPCと繋げば、PCを必要とするVRゲームも遊べます。

プレイステーションVR以降、ワクワクするようなVR端末が発売されてきませんでしたが、Oculus Quest 2は「新しいVR端末の時代がきた!」ことを実感させてくれました。

実際に使ってみて、良いところと悪いところがありましたので紹介します。

Oculus Quest 2の商品写真

Oculus Quest 2の外箱。
オキュラスクエストの外箱

外箱を取ると、蓋状になっている中箱が。
外箱を取ったところ

蓋を開けるとOculus Quest 2本体とコントローラが!
蓋を開けて中身が出たところ。

内容物は、Oculus Quest 2本体と左右のコントローラー、充電ケーブルと、メガネ用のスペーサー、説明書。
内容物。

Oculus Quest 2はバンドで固定するので、とても柔らかく、ゴーグルの中にまでバンドを入れられる。PSVRとかは頭の後ろまでガッチリ硬いのでこれほどコンパクトにはならない。
Oculus Quest 2のバンドの状態。

Oculus Quest 2の表面。とてもシンプルな見た目は美しい。
Oculus Quest 2の表面

レンズ部分には保護シートが貼られている。
レンズ部分。レンズにシートが貼られている。

シールを剥がし、キレイなレンズが出てきた。目止めの間の距離(瞳孔間視点距離)を調整するには、両方のレンズの出っ張り部分を持って3段階に調整可能。
シートを外したところ。

左側にはUSB-Cケーブルの接続コネクタとイヤホンジャック。
左側部分にはUSB-Cケーブルコネクタ

右側側面には電源ボタン。長押しで起動する。
右側には電源ボタン

下側には音量ボタン。装着している時は右手で操作できる。左右に開いている小さな穴はスピーカー。
下側には音量調整ボタン

ゴムバンドは調整可能だが、装着しながら調整するのは難しく、一旦外してから調整する必要がある。
ゴムバンドは調整可能

Oculus Quest 2のコントローラー。左右形が違うので、右手用は右手に、左手用は左手に持つ必要がある。
Oculus Quest 2のコントローラ

右手のボタン。ABボタンとジョイスティック。Oを横にしたようなマークは「オキュラスボタン」で、メニューを開いたり長押しすると画面の方向をリセットできる。
ボタン部分。

コントローラー操作をしない場合は、親指をここにおいておくと楽になる。
親指を置いているところ

人差し指部分にトリガーボタンがあり、中指部分にもボタンがある。
トリガーボタンとサイドボタン

ストラップも付いていて、ゲームで遊ぶ時はコントローラーが飛んだり落としたりしないように手首に巻き付けて使う。
ストラップ

実際に握ってみると、このようになる。
コントローラーを手で握ったところ

コントローラーは単三電池1本で動作する。蓋を開ける時、引っ掛かりがないので開けづらい。
コントローラーの電池の蓋を開けたところ

Oculus Quest 2を使ってみて良かったところ

Oculus Quest 2を実際に使ってみて良かったところを紹介します。

現状では十分満足な画質

Oculus Quest 2の片目の解像度は1,832×1,920、PSVRは1,920 ×1,080となっています。

PSVRはプレイステーション4と接続してこの解像度なのに、Oculus Quest 2はケーブル無しのスタンドアロンでこのスペックを実現できたのはスゴイです。

画質的にはPSVRと遜色なく、十分な没入感を得られています。

欲を言ってしまえば、よく見るとドットのギザギザ感や、目の前が網目状に見えるスクリーンドアは残っているので、これが改善されたらもっと没入感が上がるのになと思います。

とは言っても、現状の技術でドットの解像度の向上とスクリーンドアの解消は市販レベルでは不可能なので、現状の技術で僕たちが手に入れられる端末としては、最高レベルの画質を実現していると言って良いでしょう。

カメラ越しに外の状況が見えるバススルーが便利

Oculus Quest 2は、ヘッドセット前方の4箇所にカメラが付いていて、そのカメラで空間を認識したり、コントローラーを認識したりしています。

VRヘッドセットをつけると、普通は外の景色が見えなくなるのですが、そのカメラを使って一時的に外の景色をVRヘッドセットで見るパススルーという機能が便利です。

頻繁に簡単に使えるものではないですが、遊ぶエリアを設定する画面では、パススルーを通してエリアを指定するのが面白いです。

ケーブルレスで遊びやすい

PSVRは、PS4とケーブルで繋がっていて、設定も面倒だし、遊ぶ前にケーブルを取り回さないといけなのが面倒で、ちょっとだけ遊ぼうというのがやりづらかったです。

Oculus Quest 2はケーブルレスで遊べるので、部屋のどこにでも置いておくことができますし、ちょっと遊びたいなと思ったらすぐに遊べますからね。

この手軽さが便利で、VRの世界がとても身近になったのを実感しています。

持ち運びしやすくなったということは、ベッドへも持ち運びができるので、Fanza動画の視聴が捗るようになりました。

音声が端末から出るのが便利

Oculus Quest 2は、イヤホンジャックが付いていてイヤホンで音声を聞けますが、本体自体からも音が出るのでイヤホンを付けなくても、ヘッドセットを装着すればすぐに遊べます。

音質も意外と良く、ゲームや動画を軽く見る程度なら十分な音質です。

イヤホンを使わないメリットとして、耳にイヤホンの圧迫感が無い状態で音を聞けるので、VR世界の音をそのまま聞いているような感覚になり、没入感が上がることがわかりました。

VR空間でキャラクターが話していることが、自然な状態で聞こえてくるのは新しい体験でちょっと感動しましたからね。

VRヘッドセットを装着する時、ヘッドセットを装着して周りが見えない状態で手探りでイヤホンを装着するのは地味にストレスでしたから、それがなくなったのも良かったです。

ヘッドバンドが薄いので寝転がっても遊べる

今までのガチのVRヘッドセットは、ガッチリホールドさせたりバランスをとるために頭の後ろまで装置がありました。

その装置が邪魔で、ベッドに寝転がりながら使うというのができませんでした。

しかし、Oculus Quest 2はゴムバンドになっているので、ベッドに寝転がって頭を枕の上に乗せてもほぼ違和感がありません!

シアターモードで映画を見たり、Fanza動画を見たりするのが捗ります!

僕は装着して特に違和感はありませんが、ヘッドセット前方が重く、バランスが悪いと思ったら、カウンターとして「Eliteストラップ」を使うのもアリです。

使ってみていまいちなところ

使ってみてイマイチなところも紹介します。

Facebookアカウント必須

Oculus Quest 2で遊ぶには、実名登録したFacebookアカウントが必ず必要です。

Oculus Quest 2発売時、Oculus Quest 2用にフェイスブックアカウントを作成した人が軒並みアカウント停止されるという事態が起きていましたが、2021年2月現在、アカウントの取得と連携は問題なくできているようです。

Oculus Quest 2が発売された2020年10月は、アメリカの大統領選挙が実施されており、Facebookを選挙で悪用されないため新規のアカウントの作成が厳しく制限されていたのが原因の一つのようですが、大統領選が終わったのでアカウント作成も通常に戻ったんでしょうね。

プライバシー設定に要注意

Oculus Quest 2はFacebookアカウントでログインするため、プライバシー設定をしっかりしないと、Facebookで繋がっていると人がOculus Quest 2を初めたら自分のアクティビティを覗かれたりしてしまいます。

中の良い人ならともかく、仕事や付き合いで仕方なく「友達」になっている微妙な関係の人とつながったら嫌ですからね。

プライバシー設定は、Oculus Quest 2設定時にしっかり聞かれるので、全て「公開しない」に設定すれば大丈夫なので、最初は心配でしたがそれ程心配する必要は無かったです。

プライバシー設定の詳細はこちらの記事で紹介しています。
Oculus Quest 2でFacebookアカウント連携とプライバシー設定を変更する方法

Wi-Fiパスワードなどが入力しづらい

これはVRヘッドセット全般に言えることですが、初期設定画面でWi-Fiパスワードを入力するのが面倒です。

パスワードを覚えていればよいのですが、メモを見ながら入力するとなると、ヘッドセットを付けたり外したりを繰り返す必要がありますからね。

後で気づいたのですが、Oculus Quest 2は鼻の部分に隙間があり、その隙間からメモを見ると装着したまま入力ができて便利です。目が疲れますが。

画質はまだ上がある

良かったところでも書きましたが、画質はまだ向上できるなという感じです。

技術的にはまだ難しいでしょうが、伸びしろはまだまだあるのでこれからの進歩を期待しています。

現在の技術を踏まえると、画質は十分満足できるもので、ゲームに集中すると気にならなくなるので問題なく遊べています。

おわりに

PSVRを買ってからいろいろなVRデバイスが出ましたが、どれもイマイチで買うつもりにはなりませんでした。

Oculus Quest 2は、PSVRの不満点がなくなっていて、新しい世代のVR端末として気に入っています。

VR端末の進化はまだ始まったばかりなので、これからの成長を期待しつつ、今はOculus Quest 2を遊びつくそうと思います。

続きの記事 → Oculus Quest 2でDMM(FANZA)のVR動画を見る方法

役に立ったらこの記事のシェアをお願いします

ブログのフォロー・RSS購読は下記ボタンから