パソコンデスクを一新!iDeskで奥行きたっぷり横幅広々で快適パソコン作業!


デスク環境

ふとした思いつきからパソコン作業を快適にするミッションを進めています。

まずはイスから改善し、高機能チェアのエンボディチェアを購入しました。
関連:ハーマンミラーのエンボディチェアをレビュー

次にとりかかったのが机の一新。

机でこだわったのが奥行きが800ミリ以上あるということです。奥行きがあることで自然とパソコンから目が離れ、足も伸ばすことができます。

しかし、奥行きがあるデスクはなかなか売っておらず、選択肢が限られてしまいます。

そこで目をつけたのがオーダーメイドで机を作ってくれる「m-Do!」の「iDesk」。

間口サイズ350〜2400ミリ、奥行き430〜1200ミリまで指定したサイズで作成してくれます。

間口1600ミリ、奥行き900ミリで注文し、注文完了から20日で届きました。

スポンサーリンク

開封&組み立て

事前に届いたメールに、運送業者の人が1人で行くので搬入を手伝って欲しいと書かれていたので手伝う。

実際にもってびっくり。メチャクチャ重い。

運送業者の人に部屋まで一緒に運んでくれないかと尋ねたがそれはできないとのこと。

玄関まで一緒に運んでもらい、そこからは1人で部屋まで運ぶことになった。

1600×900の荷物はとても持ちにくいのに加え、重さが運ぶのを更に困難にしている。

何度か挑戦するがなかなか持ちあげられず、数分持ち方を試行錯誤し、意を決してここ数十年出したことのない全力の力で部屋まで運ぶ。

無事到着。
部屋に到着

後で気づいたが、玄関でバラして運べば良かった。

早速開けてみると、簡素ながら要所はしっかり抑えた梱包がされていた。
梱包

各部品はまとめられ、テープで固定されているので持ち運ぶ際に中身が動きまわって天板を傷つけるということは無さそう。

ただ、多少ズレてしまい、そのズレが持ち運ぶ際の重心を微妙に変えてしまい持ちにくくしていた。

天板は、木の板で囲まれていて角が傷つかないようになっている。
天板を保護する木材

天板以外の部品。フレームはアルミということだが、かなり重い。フレーム部分で10kg。
部品

天板は落としこむタイプで、裏の突起をフレーム内に落とすことでズレないようになっている。
天板裏

オブションで固定する金具を購入することもできる。

組み立ては説明書(idesk組立説明書)の通りに組み立てる。必要工具は六角レンチだけで、同梱されているので用意する必要はない。

梱包材を開けるのにカッターがあると便利。

30分もかからず組み立て完了。
フレームの組立完了

天板の角を守っていた板がイイ感じの幅と長さだったので、机の足が床を傷つけないよう下に敷いてみた。
足をガード

あとは天板(約14kg)を乗せるだけ。裏の突起をフレーム内に落とさないといけないので位置調整が難しいが、手を挟まないようにきをつけなんとか完了。
デスク取り付け完了

ディスプレイを乗せてだんだんカタチになってくる。
ディスプレイを乗せた状態

注文する際に困ったのが天板の角をどう処理するか。基本がどんな角かわからなかったので特に指定しなかったらこのような角になった。
天板の角

配線

配線もキッチリやっておかないと後々面倒臭いのでしっかりやっておく。

ケーブルタイが6つ付いているのでフレームに沿って配線し、フレームの穴を利用しケーブルタイで線をまとめ固定する。
ケーブルタイで固定

使用しているケーブルタイはこれ。

テーブルタップは両面テープで机の裏に貼り付ける。こうすることで床がスッキリするし、ぐちゃぐちゃになりにくい。そしてなによりホコリがたまらないので火災のリスクと掃除の手間を抑えることができる。
Skitched 20151030 232147

更にアップで。(うまく撮れなくてスミマセン…)
アップで撮影

使用感

実際に使ってみて良いとこといまいちなとこを紹介。

良いとこ

しっかりした剛性

シンプルな構造ながら、フレームと天板がしっかりしているのでとても安定している。

自分の好みに合ったサイズ

サイズを細かく指定できるので自分の好みや部屋のスペースに合わせたサイズを注文できるので満足度が高い。

イマイチなとこ

字が書きにくい

机の表面はエンボス加工(違うのもある)になっているので表面が多少ザラザラしている。
エンボス加工の表面

なのでA4用紙にボールペンで字を書くと引っかかりがあり、多少ガタガタした字になってしまう。

担当者の話によると、エンボス加工をすることで夏場など汗をかいた腕を机の上においた時にピタッと張り付かないようにすることと、テープなどがくっつきにくくするという効果があるようだ。

確かに手触りはサラッとしていて夏場でも不快な感じになることはなさそう。

僕の使い方として薄い紙にボールペンで字を書くということが殆ど無いのでこの点はあまり気にならない。

汚れが目立つ

残念なのが手脂の汚れが目立つこと。
手脂の汚れ

とてもキレイな表面なので、手脂で汚れた部分がよく目立ってしまう。

机が届いてから気付いたショッキングなできごとだが、なるべく手で机を触らないようキレイに使っていきたい。

スポンサーリンク

おわりに

数年前から憧れていたiDeskをついに購入することができました。

サイズや使用感など、とても満足し快適なパソコン環境が作れています。

ただ、手脂が目立つのは本当に残念です。天板だけの注文もできるようなので数年使ってそれでも気になったら買い換えるかもしれません。

パソコン周りの環境整備は机とイスができたのであとはパソコン環境のみ!

新しいMacBook Proが発売されたら即購入し、外部ディスプレイとしてDELLの4Kディスプレイを使うことで僕の理想のパソコン環境が完成します。

MacBook Pro早く出てくれ〜!!


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク