経験知ロゴ

https環境でPhotonを使う方法

Photon

ブログの画像をwordpress.comのサーバにキャシュし、ユーザーが自分のサーバへ画像をとりに来なくなることで表示スピードと転送量の削減に効果がある「Photon」という機能がWordPressのプラグイン「JetPack」内にあります。
関連:「WordPressの表示スピード改善と転送量を激減させるプラグインPhotonの紹介

とても便利な機能なのですが、デフォルトで「https」環境下では動作しないようでした。

そこで、https環境でPhotonを使う方法を紹介します。

functions.phpに追加

functions.phpに下記コードを追加する。

add_filter( 'jetpack_photon_reject_https', '__return_false' );

これだけでhttpsのURLの画像でもキャッシュして記事内の画像を書き換えてくれる。

フリーランス向けの高額案件紹介

仕事を請け負っても、単価が安くて売上が伸びず複数案件をこなさなければならない。

ということありませんか?

エンジニアファクトリーは高単価案件を持ち、エンド直請けの仕組みにより高額案件を実現しています。

無料で登録できますので、どのような高額案件があるか確認してみてください。

おわりに

便利なPhotonですが、所々融通が効かなかったりするのが残念です。

例えば、一度キャッシュした画像は削除できないので、画像を変えるには別の画像名に変更しなければならないなどがあります。

それでも無料のCDNなのでうまいこと使っていきたいですね。

▼役に立ったらシェアをお願いします