経験知ロゴ

https環境でPhotonを使う方法

Photon

ブログの画像をwordpress.comのサーバにキャシュし、ユーザーが自分のサーバへ画像をとりに来なくなることで表示スピードと転送量の削減に効果がある「Photon」という機能がWordPressのプラグイン「JetPack」内にあります。
関連:「WordPressの表示スピード改善と転送量を激減させるプラグインPhotonの紹介

とても便利な機能なのですが、デフォルトで「https」環境下では動作しないようでした。

そこで、https環境でPhotonを使う方法を紹介します。

functions.phpに追加

functions.phpに下記コードを追加する。

add_filter( 'jetpack_photon_reject_https', '__return_false' );

これだけでhttpsのURLの画像でもキャッシュして記事内の画像を書き換えてくれる。

わからないことは人に聞こう

プログラミングをする上で、わからないことはネットなどを使い自分で調べる技術が必要ですよね。

時間がかかっても、ある程度のことは解決できます。

しかし、どうしても答えにたどり着けなかったり、探す時間が惜しいときもあります。

そこでオススメなのが無料登録でプログラミングに関する質問ができるテラテイルです。

質問の投稿にコードも投稿できるので、自分のコードを投稿して問題のある箇所を指摘してもらうことができます。

プログラマーには、自分で探す技術も必要ですが、人に聞く技術は更に重要です。

登録無料で質問できますので、テラテイルで質問する力を磨いてみましょう!

おわりに

便利なPhotonですが、所々融通が効かなかったりするのが残念です。

例えば、一度キャッシュした画像は削除できないので、画像を変えるには別の画像名に変更しなければならないなどがあります。

それでも無料のCDNなのでうまいこと使っていきたいですね。

▼役に立ったらシェアをお願いします