https環境でPhotonを使う方法


Photon

ブログの画像をwordpress.comのサーバにキャシュし、ユーザーが自分のサーバへ画像をとりに来なくなることで表示スピードと転送量の削減に効果がある「Photon」という機能がWordPressのプラグイン「JetPack」内にあります。
関連:「WordPressの表示スピード改善と転送量を激減させるプラグインPhotonの紹介

とても便利な機能なのですが、デフォルトで「https」環境下では動作しないようでした。

そこで、https環境でPhotonを使う方法を紹介します。

スポンサーリンク

functions.phpに追加

functions.phpに下記コードを追加する。

add_filter( 'jetpack_photon_reject_https', '__return_false' );

これだけでhttpsのURLの画像でもキャッシュして記事内の画像を書き換えてくれる。

コードを更に理解する

WordPressをより自由に、思い通りに使用するにはPHPの知識が必要です。

PHPを学ぶには、Web上での情報や知識には限界があるので、人に教えてもらうのが一番の近道です。

そこでオススメなのが「CodeCamp」です。

マンツーマン指導なので、わからないことはすぐ聞けて、無料体験レッスンもあるのでどんな感じか試せます。


ITエンジニア専門スクールもオススメです。

スポンサーリンク

おわりに

便利なPhotonですが、所々融通が効かなかったりするのが残念です。

例えば、一度キャッシュした画像は削除できないので、画像を変えるには別の画像名に変更しなければならないなどがあります。

それでも無料のCDNなのでうまいこと使っていきたいですね。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク