ソニー ハンディカムでオススメの撮影モード


ハンディカム撮影モード

ソニーのビデオカメラ「SONY Handycam HDR-CX670」を購入して2ヶ月が経ちました。

撮影モードもいろいろ試行錯誤し、自分なりの撮影モードを選ぶことができました。

ここではハンディカムの各撮影モードの特徴と選び方を紹介します。

2016年5月追記:ビデオカメラって風切音が結構凄いんですよね。そこで、ビデオカメラの風切音対策について記事を書きました。ハンディカムなら簡単に対策できます!
ソニーハンディカムで風切音を激減させる方法 | 経験知

【こちらの記事も要チェック!】
ソニーハンディカムで風切音を激減させる方法
入学式や卒業式、子供の大切な思い出を撮影するのにオススメのビデオカメラ
ソニー ハンディカム用レンズプロテクター VF-K46MP レビュー
sony ハンディカム HDR-CX670 の良いとこ悪いとこ

スポンサーリンク

画質の善し悪しの構成要素

ハンディカムで撮影した動画の画質を決める設定は大きく3つある。

・記録方式
・フレームレート
・録画モード

この3つの設定を理解することで目的にあった撮影画質を設定できる。

記録方式

記録方式は「XAVC S HD」と「AVCHD」がある。

「XAVC S HD」は「AVCHD」より新しい形式で、ビットレートが50Mbpsと「AVCHD」の最大28Mbpsより高画質で録画できる。
※ビットレートが大きいほど高画質で撮影できる。BSデジタル放送が最大24Mbps。

但し、ビットレートが大きいということは撮影ファイルが大きくなることを意味する。

32GBの内蔵HDDで1時間18分しか撮影できないので、容量の上限による大切なシーンの取り逃しや動画のパソコンへの転送頻度が多くなるなどの問題がある。

また、「XAVC S HD」方式ではブルーレイディスクには保存できないため、撮影した動画はパソコンや外付けHDDに保存する必要があり、ファイルサイズも大きいのでそれなりのハードディスクの容量が必要。

「XAVC S HD」と「AVCHD」の28Mbpsの最高画質を比べても違いは殆ど分からないので余程の理由がない限り記録方式は「AVCHD」で良い。

記録方式を変更するには画面左上の「MENU」→「画質・画像サイズ」→「記録方式」で変更できる。

フレームレート

フレームレートとは1秒間に撮影する画像の枚数で、60pなら1秒間に60枚、24pなら1秒間に24枚撮影する。撮影枚数が多いほど動画の動きは滑らかになり、撮影枚数が少ないほどかくかくした動きになる。

ハンディカムで「AVCHD」方式にすると
・60p
・60i
・24p

の3種類のフレームレートがある。各フレームレートの特徴は、

60p

「AVCHD」方式で最高の画質(28Mbps)で撮影できる。60pを選択すると後述する録画モードが「PSモード」になり、録画モードが選択できなくなる。

60i

1秒間に撮影する枚数は60pと同じく60枚だが、1枚辺りの容量が抑えられているのでファイルサイズが小さくなり、撮影時間も伸びる。通常は60iで問題ない。

24p

映像の質にこだわらずとにかく長時間撮影したい場合に選択。

となっている。

ハンディカムには「AVCHD」方式と併せてパソコン用(シェア用)の動画も同時に撮影する「同時ビデオ記録」という機能があるが、この機能で書き出されるパソコン用の動画のフレームレートは24pになる。(AVCHD方式のファイルはちゃんと60iで撮影される)

フレームレートは特にこだわりがない限り「60i」を選択するのが良い。

フレームレートの変更は、「MENU」→「画質・画像サイズ」→「フレームレート」で選択できる。

録画モード

録画モードは高画質・撮影時間が短い順に、

・PS
・FX
・FH
・HQ
・LP

となっている。各録画モードの特徴は、

PSモード

「AVCHD」方式の最高画質。フレームレートを「60p」にすることで自動的にPSモードになる。
DVDにそのままの画質でダビングできない。
平均ピットレートは28Mbps。
再生・保存するには、AVCHD Progressive(60P)に対応している機器が必要。
撮影時間は32GBで約2時間30分。

FXモード

フレームレートは「60i」、「24p」が選択可能。
DVDにそのままの画質でダビングできない。
平均ビットレートは24Mbps。
撮影時間は32GBで約3時間00分。

FHモード

DVDにそのままの画質でダビング可能。
フレームレートは「60i」、「24p」が選択可能。
平均ビットレートは17Mbps。
撮影時間は32GBで約4時間05分。

HQモード

購入時の初期設定。DVDにそのままの画質でダビング可能。
フレームレートは「60i」のみ。
平均ビットレートは9Mbps(市販のDVDとほぼ同じ)。
撮影時間は約7時間10分。

LPモード

DVDにそのままの画質でダビング可能。
フレームレートは「60i」のみ。
平均ビットレートは5Mbps。
撮影時間は約12時間20分。

※ブルーレイディスクへのダビングは全ての録画モードで可能。

録画モードの選び方は、画質と録画時間を考慮して選択する。最高画質のPSモードは再生・保存に制限があるので、FX、FH、HQを選べば「映像が汚くてがっかり」という事態は避けられるはず。

FX、FH、HQの選び方は動画撮影の運用法で選ぶと良い。こまめにブルーレイディスクにダビングしたり、パソコンにコピーするようならFXモードでキレイに撮る。面倒臭ければHQモードで長くハンディカム本体内に残す。容量を増やすには「microSDHCカード」を使うのも良い。

バッテリーの撮影時間も重要。同梱されているバッテリー「NP-FV50」は約1時間15分、「NP-FV70」は約2時間35分、「NP-FV100」は約5時間10分と、撮影可能時間が7時間でもバッテリーが1時間15分しかもたないのなら、高画質なFXを選ぶという考え方もある。

まとめ

ハンディカムで撮影モードに困ったら、
・記録方式は「AVCHD」
・フレームレートは「60i」
・録画モードは「FX、FH、HQ」のいずれか撮影時間と画質を考慮。
すれば良い。

僕個人の使い方として、撮影した動画はパソコンでしか見ないため、同時ビデオ記録で一緒に撮影されるパソコン用の動画しか使わない。パソコン用の動画は解像度もフレームレートも「LPモード」より落ちてしまう。なので、「LPモード」で長く撮影している。

コメント欄にて更に説明を追加しているのでページ下の方にあるコメント欄もご参考に。

スポンサーリンク

おわりに

動画に詳しくないと撮影モードはどれを選べばよいかわからないですよね。ハンディカム内の設定画面でももう少し詳しく説明が載っていると分かりやすいのですが。

撮影モードを目的にあったものを選択し、思い出を納得のいくカタチで残しましょう!

【こちらの記事も要チェック!】
ソニーハンディカムで風切音を激減させる方法
入学式や卒業式、子供の大切な思い出を撮影するのにオススメのビデオカメラ
ソニー ハンディカム用レンズプロテクター VF-K46MP レビュー
sony ハンディカム HDR-CX670 の良いとこ悪いとこ




タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク



  • かおり

    先日はご丁寧に教えてくださって本当にありがとうございました☆今日SDカードの32Gも買ってきました!

    早速教えていただいた通りに設定したのですが、撮影モードはFXで、記録方式はAVCHDで、フレームレートは60iでよろしかったでしょうか?

    この記事の一番最初に載ってる写真のように、撮影モードは設定する際に画面に表示されるのは、
    ①最高画質〈FX〉
    ②高画質〈FH〉
    ③標準〈HQ〉
    ④長時間〈LP〉

    の4種類ですよね?てっきり撮影モード6段階くらいある中から選ぶのかなと思ってたのですが、これの①番のFXを選んで、記録方式はAVCHDで、フレームレートは60iを選べばブルーレイにはそのまま焼けるという事で大丈夫でしょうか??(>__<)

    今回の記事もアップしていただいて本当にありがとうございます!すごく助かりました(>人<)☆

    • お悩みの理由よく分かります!僕も最初SPモードが表示されずかなり混乱しました。

      まず、設定内容は書かれている内容で合っています。

      撮影モードは、この4つに加えて「最高画質〈FX〉」より上の「60p画質〈PS〉」というモードがあります。上記記事ではSPモードと紹介しています。

      「60p画質〈PS〉」にするにはフレームレートで「60p」を選択する必要があります。「60p」を選択してもらうとわかると思いますが、「60p」を選択すると録画モードが薄暗くなり選べなくなります。

      設定する順番は、

      記録方式→フレームレート→録画モード

      の順で設定しないと期待通りの設定は出来ません。

      記録方式「AVCHD」の中にフレームレート「60p、60i、24p」があり、それぞれ、

      60pは録画モード「60p画質〈PS〉」1つしか選択できない。

      60iは、
      ①最高画質〈FX〉
      ②高画質〈FH〉
      ③標準〈HQ〉
      ④長時間〈LP〉
      の4つの録画モードが選択できる。

      24pは、
      ①最高画質〈FX〉
      ②高画質〈FH〉
      の2つの録画モードが選択できる。

      これはソニーの設定項目の順番が悪いと思います。

      人は上から設定していきたいのに設定画面の表示順は、

      録画モード→フレームレート→記録方式

      と、実際の設定順序と逆順で表示されているのが混乱の原因だと思います。

      僕は最初「標準〈HQ〉」画質で「60p」を選択したかったのですが、「60p」を選択した途端「標準〈HQ〉」から「60p画質〈PS〉」に勝手に変わってイラッとしました。

      これは「標準〈HQ〉」の中に「60p、60i、24p」があるのではなく、「60i」の中にしか「標準〈HQ〉」がなかったからです。

      設定の階層を把握しないと理解が難しいです。

      かおりさんの設定は
      記録方式はAVCHDで、フレームレートは60i、撮影モードはFXになっているので後々扱いやすい最高画質の設定になっています。

      (細かいですが、設定を書く順番を変えさせてもらいました。)

      添付画像のようになっていればOKです。

      • かおり

        ありがとうございます‼︎とってもよく分かりました(>人<)☆‼︎
        K’s電気の店員さんより親切で分かりやすい説明で感動しました(。-_-。)神様ですか!

        店員さんにも主人にも上手く伝わらず、細かい事を言う神経質な奴だなぁ〜みたいな空気が流れてしまいそそくさと帰ってきてしまいずっとモヤモヤしてたので、私の悩みを分かっていただけたのが何より嬉しかったです(((o(*゚▽゚*)o)))!

        本当に本当にありがとうございました٩( ᐛ )و
        色々な記事アップされてるみたいなのでこれからもブログ楽しみにしています☆☆

        • お役に立てたようで良かったです!
          多分店員さんは設定まで細かく分からなかったんでしょうね。

          でも、ここまで把握している店員さんがいたらスゴイと思いますw

          僕は使いこなすのに必死でいろいろ調べたので質問の意図を理解できただけだと思います。

          このブログは僕が学んだことを色々書いているので役に立たない記事が多いと思いますが、役立つ記事もきっとあると思うのでこれからもよろしくお願いします!!

  • miki

    はじめまして
    この度こどもの行事で代表者としての撮影があり
    今までのように何も気にしないで撮るわけにはいかず
    色々と調べており、こちらに辿り着きました。
    この度は宜しくお願いいたします。。
    今まで撮っていた画像は、テレビで観ると大変粗く
    お粗末なものでした。
    距離があるせいかなのかな?と思っていたのですが
    録画モードが初期設定のままでした(汗)
    モードをFXにしようと思うのですが
    [DVDにそのままの画質でダビングできない。]
    こちらの意味補足をお願いいたします。。
    皆さまにDVDにしてお渡ししなければならず
    画質が落ちてしまうのでしょうか。。

  • miki

    度々申し訳ございません
    動画を取り込むソフトですが
    ソニー純正のplay memories home を使用しようと思っていたのですが
    良くないのでしょうか。。
    お勧めのものがございましたら
    お教えくださるとうれしいです!
    高画質で簡単な作業のものを希望いたします

    • こんにちは!
      人に渡すのならなるべく良い画質で撮りたいですよね!

      「DVDにそのままの画質でダビングできない」
      は、画質の密度を表すビットレートによるものです。
      DVDはビットレートが9.8Mbpsまでの動画しか書き込むことができません。FXモードは24Mbpsですので、DVDに書き込むときに9.8Mbpsになるよう画質を落とさなければなりません。
      FXモードで撮っても、HQで撮った画質と同等の画質でDVDに書き込むことになるので、変換時間がかかる分、損かと思います。

      FHモードもmpeg2への変換が行われ画質が落ちるようですので、撮影モードはHQで十分かと思います。

      ただ、大は小を兼ねるという考え方で、FXモードで撮影してDVDで配る人には画質を割り切って渡し、別の方法(ブルーレイや動画の直接のやり取りなど)に備えるという事もできます。

      因みに、ブルーレイならFXモードの画質で書き込めます(専用の環境が必要ですが)。

      動画取り込み、DVDへの書き込みはPlayMemories Homeで良いと思います。但し、PlayMemories Homeを使ってのDVDへの書き込みはWindowsしかできないので注意が必要です。Macでは書込みできません。

      DVDに書き出すのはやったことがないのであまり詳しくなく申し訳ないのですが、参考になればと思います!

      この辺もご参考に
      http://qa.support.sony.jp/solution/S1110278034566/

      http://www.sony.jp/support/software/playmemories-home/operation/disc/create_disc_avchd.html

  • m

    この度は親切にしてくださいまして

    ありがとうございました

    play memories home でサンプル動画を書き込みしてみました。

    ビデオの編集/変換→複合編集→保存:保存形式を「速い動きをなめらかにできる形式 MP4i(AVC)形式 25Mbps」→ディスク作成→AVCHD(HD)

    という方法でやってみたのですが(大変時間がかかりました^^;)

    上記の方法でやるのと、

    ディスク作成→Blu-ray Diac 作成
    でブルーレイを作成するのとでは

    どちらが高画質になりますでしょうか??

    ブルーレイの方でしたら、ブルーレイディスクを購入してみようかと思います!
    ご教授願えたら嬉しいです。。

    • こんにちは!

      動画変換はスゴく時間かかりますよねw

      ブルーレイディスクに書き込める環境があるようでしたらブルーレイディスクの方が高画質で書き込めるはずです。(ブルーレイの環境がないので実際にやったことないため憶測ですが…。)

      ただ、ディスクを渡す人がブルーレイディスクを再生できる環境を持っているかというのが心配ではありますが。

      その辺も確認してから試されるのが良いかと思います!

  • 再度ありがとうございました

    ブルーレイを再生できる環境か聞いてみようと思います!

    ブルーレイディスクの値段は、DVDディスクの二倍ですが
    早く&高画質に仕上がるのは魅力的です^^;

    play memories homeは切り取り作業結合作業も簡単、
    文字も入れられたりと
    とても楽しかったです(^^)
    あまりお使いになられませんか??
    この度は大変お世話になりました♡

    • そうですねwブルーレイディスクは値段もネックですねw

      動画はiMovieで編集してるのでPlayMemories Homは使ってないですね〜今度編集する機会があったら試してみます!

      多少なりお役に立てて良かったです!
      お子さんの行事の撮影がうまくいくことを祈っています!