男の日焼け対策とニオイ対策にアンダーアーマーヒートギアを愛用中


アンダーアーマー ヒートギア
夏の登山、スポーツでの汗と日焼け止め対策のために「アンダーアーマー ヒートギア」の長袖を購入しました。

「ヒートギア」と聞くと、暖かそうなイメージで夏に着るものではないように思いますが、暑い時に着る用という意味のようです。

因みに冬用は「コールドギア」です。

ユニクロのヒートテックのイメージが強すぎて「ヒート」と付くと暖かい衣服というイメージが僕の中で付いているようです。

夏に長袖なんて暑そうですが、直射日光で腕がジリジリ焼ける感じが激減し、汗の気化熱でそれ程暑く感じません。

実際の着用感や良いとこ、悪いとこをレビューします。

スポンサーリンク

着用感

僕の身体のサイズは、身長178cm、胸囲90cm、首周り38cm、ウエスト79cm、腕(脇から手首まで)53cm。

アンダーアーマー公式の寸法を見て胸囲とウエストならMDだが、身長を考慮してLGサイズを購入。
サイズ表

実際に着てみると、コンプレッションインナーということで、身体にフィットするが、胸囲とウエストが寸法表より下なので嫌な締めつけ感は無い。

首周りはダボつきもせず、締め付けすぎず調度良い。
首周り

脇下は立体裁縫されており、縫い目で脇が痛いということはない。よく見ると細かい穴が開いていて、一番汗をかきやすい脇の汗も素早く広がり速乾性を実現している。
アンダーアーマー ヒートギア脇下

腕部分の長さはもう少し欲しかった。手首が少し出てしまう。
アンダーアーマー ヒートギア 手首

僕の178cmの身長ではXLでも良さそうだったが、胸囲とウエストがブカブカになってしまうので腕の長さについては仕方ないことにする。

着丈に関しても少し短いかなと思うが、実際に運動してみると全く気になることもなく、身体を曲げた時に少しお腹が出る感じがいい感じに冷却効果を発揮している。

良いとこ

ヒートギアを使ってみて良いと思ったとこを紹介。

腕の日焼けが防げる

僕がヒートギアを着用する一番の目的が日焼け止め対策。腕に日焼け止めを塗るのも面積が広く面倒くさいし、汗で落ちやすくベトベトする。

ヒートギアなら着るだけで腕の日焼け止め対策になり、1日中守ってくれる。

ヒートギアを着用し、手の甲は日焼け止めを塗り1日外で過ごすと、腕部分は全く焼けていないのに手の甲は焼けてしまう。

直射日光下では暑さが和らぐ

炎天下で直射日光を浴びて運動していると腕がジリジリと焼ける感覚があるが、腕を覆うだけでジリジリ感が無くなり、その分暑さが和らぐ。

涼しさを感じる訳ではないが、火照りが無くなるだけでもかなり楽になる。

汗の乾きが速い

速乾性を売りにするだけあって、汗の乾きが速い。軽く汗をかき、日影で休みながら服をバサバサとさせていると、背中などの胴体部分は10〜15分ほどで不快に感じないところまで乾く。

流石に脇下は乾き切らないが、この手のインナーを体験したことが無い人にとっては「おぉ!」っと思うハズ。

ニオイが抑えられる

汗を大量にかくとどうしても気になるのがニオイの問題。

速乾性により汗を素早く乾かすことでニオイを抑制することができる。

実際に1日着た後のニオイを嗅いでみると、腕や胴体部分の比較的乾きが速い部分は殆ど臭わなかった。但し、常に汗をかき続け、乾きにくい脇下はどうしても臭ってしまうが、綿製品のTシャツなどと比べると臭いはかなり少ない。

1着持っていれば良い

速乾性により、手洗いをしてしっかり絞れば脱水機で脱水しなくても翌日の朝には乾いているので、1着購入するだけで連日の使い回しができる。

悪いとこ

使っていて良くないことや不満に思っている所を紹介。

暑さが多少増す

長袖なので腕を覆う分暑さは増してしまう(半袖なら殆ど変わらないと思う)。

室内や湿度の高い場所では汗が乾きにくく気化熱による涼しさを得られないので暑くなりやすい。

僕は日焼け止め用に使っているので室内では着ないようにしている。

コンプレッション系のインナーはSkinsなど他社からも出ているが、生地が厚く暑そうだった。そんな中でもアンダーアーマーのヒートギアは生地が薄く、暑くなるのが最小限になりそうだったのが選んだ理由の1つだ。

脱ぎにくい

コンプレッション系のインナーは皆そうだが、身体にピタッとくっつくため、汗をかくと身体に張り付いて脱ぎにくい。

身体の硬い人はかなり苦戦する可能性あり。

その場合は腕をクロスさせて裾部分を持ち、服が裏返るのを覚悟でグイッと脱ぐと脱ぎやすい。

スポンサーリンク

おわりに

簡単・快適に日焼け止め対策をしたい人や、運動中の汗のニオイが気になる方にオススメのインナーです。

直射日光下では欠かさず着ています。

因みに足の日焼け対策は「CW-X」を履いています。



タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク