UNOのルールが変更!?新カード追加で遊び方が変わる!


ウノリニューアル

2016年3月、カードが2種類追加されてルールがリニューアルした新しいUNOが発表されました。

発売45周年でカード追加によるルール変更ははじめてのことだそうです。

新しく追加されたカードは「とりかえっこワイルドカード」と「白いワイルドカード」。

どんなカードなのか紹介します!

スポンサーリンク

とりかえっこワイルドカード

とりかえっこワイルドカード

とりかえっこワイルドカードは、指定した相手と手持ちのカードをすべて交換できるカードです。

大逆転を狙える起死回生のカード!

山札の中に1枚しか入っていないので使う機会はあまりなさそうですが、大量の手札を抱えてこのカードを使い、手札の少ない人と交換した時はさぞ爽快でしょうね!

白いワイルドカード

白いワイルドカード

新しいUNOの可能性を無限大にするカードが「白いワイルドカード」!

カードには何も書かれておらず、自分で好きなルールを書くことができます!

次の人に10枚引かせる「+10」カードや、カードが場に出たらみんなで踊る「Everyone Dance!!!」カードなど、UNOの勝敗を分けるカードから勝敗と関係のないとりあえず楽しいカードまで、発想次第でいろんな遊び方ができるのが新しいUNOの醍醐味!

ただ、カードに書き込む形式は、一度書くと新しいカードを作れなくなるのが個人的に嫌なんですよね。

鉛筆で書けば消して書くことができますが、だんだん汚れていくのが頂けません。

そこで、白いワイルドカードには「A」「B」「C」など分かりやすい記号を付けて、ルールは別の紙に書くのが良いかなと思います。

「A」は、+10枚
「B」は、Everyone Dance!!!
「C」は、出した人が+4枚

と、紙に書き、みんなが見えるところに置けば、ルール変更も簡単だし白いワイルドカードも汚れません。

もちろん、紙を用意しないで口頭で申し合わせても良いですし、スマホのメモ機能を使えば紙のゴミも出ません。

UNOのゲーム以外でもアイデアを出せますね!

新しいルール

基本的なUNOのルールは変わらず、進行もそのままできます。

新しいカードが追加され、そのカードの効果が新しいルールということですね。

基本的なルールは一緒といっても、ローカルルールでプレイしている可能性があります。実はUNOには公式ルールがあるのです。

皆さんはちゃんとしたルールでやっていますか?
意外と知らないUNOの公式ルール7選 | 経験知

スポンサーリンク

おわりに

新しいUNOの良い所は、自分で考えてルールを作れることだと思います。

既存のものを制作者が作ったルールに従って遊ぶのではなく、自分で新しいルールを創造するというのは発想力の向上につながります。

ぜひ子どもたちに遊んでもらいたいです。

新しいルールを出し合い、合意し実行するというプロセスも、コミュニケーション能力を向上させてくれるはずです。

久しぶりにUNOやってみませんか?


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク