経験知ロゴ

腕を日焼けから守る「男性用UVカットアームカバー」まとめ

アームカバーまとめ

アームカバーというと女性が付けるものというイメージがありますが、アンダーアーマーをはじめとるするコンプレッションインナーが普及するにつれて、夏でも長袖のアンダーを着るのが普通になっています。

僕も日焼け止め対策として着ているのが「アンダーアーマー ヒートギア」です。町中でもポロシャツの下に着ています。

汗をかいた後も快適で、日焼け止め対策にもなっているので外で着ているときは良いのですが、室内などに入るとちょっと邪魔だったりもします。

そこで便利なのがアームカバー。

必要なときに簡単に装着でき、使わないときはコンパクトにしまうことができて便利です。

ですが、アームカバーは女性用が多く、男性用はあまり見受けられませんので、男性用のアームカバーを一覧でまとめてみました。

※価格は2017年7月現在のAmazonの価格を表示しています。

UNDER ARMOUR UA PERFORMANCE SLEEVE

まずはアンダーアーマーのアームカバー。1枚入りなので両手で使うには2つ購入する必要があります。
1枚税込2,160円
2枚4,320円

C3fit トレーニング インスピレーションアームカバー

高機能コンプレッションタイツでお馴染みのC3fitのアームカバー。他のアームカバーと比べて少し厚手で暑いが、その分コンプレッションと耐久性がしっかりしている。

CW-X スポーツウェア アームカバー

下着メーカー、ワコールの高機能タイツシリーズ「CW-X」のアームカバー版。CW-Xのタイツは僕も愛用してめっちゃ気に入っています。
CW-Xブランドでこの値段はかなり安いです。タイツは1万以上しますからね。
税込1,728円

パールイズミ 401 サイクル アームカバー

日本の自転車ウェアメーカー、パールイズミのアームカバー。競技用なので、立体的な作りと日が当たりにくい肘側はメッシュになっているなど、涼しさにも配慮した商品。
税込3,372 – 税込4,536(サイズによって価格が違う)

モーゼン アームカバー

サイクリスト御用達のモーゼンのアームカバー。サイズが大きめなので自分のサイズより一つ下のサイズでOK。
税込2,198円

エジンド(Aegend) アームカバー

最安値のアームカバー。メーカーにこだわりがなく、アームカバーをとりあえず試してみたいという場合はおすすめ。
税込980円

涼しく着るために

布を一枚腕に付けることになるので、やはり少し暑くなります。

日の下で使う場合は、一度濡らしてしまうと気化熱により一気に涼しくなるのでおすすめです。

日差しが強ければ30分〜1時間ぐらいで乾いてしまうので、その都度濡らすのが面倒ですがw

おわりに

日焼けをなるべくしないようにしてから炎天下での疲れが激減しました。

家に帰ってからも不快な火照りがなく、寝るときも快適になりました。

最初はアームカバーを付けるのに抵抗があるかもしれませんが、一度付けて1日過ごしてみるとその後の快適さに気づくはずです。

男性でもアームカバーをファッションとして着こなせば、スポーティーな印象がカッコ良くなるのでおすすめです。

ポロシャツにも合いますよ〜。

▼役に立ったらシェアをお願いします