WordPressで記事やカテゴリーのスラッグ(URL)を変更した時に301リダイレクトする方法


redirection

WordPressでブログを書いていると記事やカテゴリーのスラッグ(URL)を変えたくなることがあります。

URLは変更は、検索エンジンにインデックスされたURLからアクセスできなくなるのでSEO的に良くないのですが、301リダイレクトをすることでページの評価を落とすこと無く変更できます。

WordPressにはこの301リダイレクトを簡単に設定できる「Redirection」というプラグインがあるので紹介します。

スポンサーリンク

Redirectionをインストール

WordPressの管理画面から「Redirection」をインストールし有効化する。
関連:「WordPressのプラグインをインストールする方法 | 経験知

Redirectionの使い方

管理画面左メニューの「ツール」→「リディレクション」をクリック。
リディレクションを選択

新しい転送ルールを追加する。

ソースのURL:以前のURL(ドメインは必要ない)
ターゲットURL:新しいURL(ドメイン入りのURLが良い)

を入力し、「新しい転送ルールを追加」をクリック。
新しい転送ルールを追加

以上で完了。

ターゲットURLはドメイン入りのURLでないと想定外の動きをしたのでドメイン入りが無難。

例えば、

「https://keikenchi.com/tag/css」を、
「https://keikenchi.com/tag/css3」
に変更したかったのだが、ターゲットURLを
「/tag/css3」や「/css3」に変更すると、
「https://keikenchi.com/tag/tag/css3」
のように「tag」が二重に表示されてしまった。

ドメイン入りの絶対パスなら期待通りの動きをしたので、思い通りにリダイレクトしてくれなかったらドメイン入りで入力すると良い。

コードを更に理解する

WordPressをより自由に、思い通りに使用するにはPHPの知識が必要です。

PHPを学ぶには、Web上での情報や知識には限界があるので、人に教えてもらうのが一番の近道です。

そこでオススメなのが「CodeCamp」です。

マンツーマン指導なので、わからないことはすぐ聞けて、無料体験レッスンもあるのでどんな感じか試せます。


ITエンジニア専門スクールもオススメです。

スポンサーリンク

おわりに

スラッグの変更時は正しく変更しないと今までの検索エンジンの評価が下がってしまうので、しっかり301リダイレクトを使ってリダイレクトしましょう。


タグ:

スポンサーリンク



この記事が役に立ったらシェアして頂けると嬉しいです!
このブログをフォロー・RSS購読もお願いします!

スポンサーリンク